おいしいおはなし

小学生の自由研究!工作がオススメ♪

小学生の夏休みの宿題って、
なかなか計画通りに進みませんよね。

「夏休みはとにかく遊びたい!」オーラが
子どもから果てしなく出ていますね~。

自由研究、やらなきゃいけないのは
わかってるんだけど。

遊びたいのだ!

やれやれ・・・。
毎年自由研究に付き合う羽目に
なるお父さん・お母さん!

自由研究のテーマに困って進まない、
そんな時には、「工作」はいかがですか?

小学生の工作

小学生といっても、1年生~6年生で
できる事には開きがあります。

低学年に向いている工作は、
簡単に作れて楽しめるものがオススメです。

自由研究のテーマを探す時に
「なぜ?どうして?」から
発展させると見つけやすいのですが、

低学年では、理科や社会科に関係付けて
研究することは、なかなか難しいですね。

高学年になるにつれ、身近な疑問を
研究内容に転嫁させていく力や
自分で考える力が付いてきます。

高学年の工作には、理科的要素が強いものに
チャレンジしてみてもいいですね。

低学年向き工作

ぴょこぴょこおもちゃ

◇ 材料

  • カップ麺の容器
  • 色画用紙
  • 輪ゴム
  • 単一乾電池
  • セロテープ
  • マジックペン
  • ハサミ

◇ 作り方

  1. カップ麺の容器をひっくり返して置き、
    マジックペンで側面に顔を書きます。

    動物の顔にするなら、容器の上に
    色画用紙とセロテープで耳をつけたり
    してもいいですね。

  2. 容器の口側(下になっている所)に
    輪ゴムを付けるため、容器の左右に
    2ヶ所ずつ切れ込みを入れます。

    切れ込みの幅は、2cmぐらいです。

  3. 輪ゴムを容器の切れ込みに入れ、
    引っ張りながら1回ねじって
    反対側に渡し、切れ込みに入れる。
  4. ねじった輪ゴムの部分に、単一電池を
    セロテープで留めて固定します。

    出来上がりです!

単一電池を転がすことで
輪ゴムがねじれて動くおもちゃです。

詳しい作り方は、
こちらの動画でご覧下さいね。

カップ麺の容器だけでなく、
紙コップでもできますよ!

違う素材や形で作り、動き方を比べて結果を
まとめてみてもいいですね。

低学年~高学年向き工作

ペットボトルの空気砲

◇ 材料

  • ペットボトル(500ml)
  • 風船
  • ビニールテープ
  • マジックペン
  • カッター
  • ハサミ

◇ 作り方

  1. ペットボトルを横にして置き、
    半分より少し飲み口寄りに
    マジックペンで印を一周付ける。
  2. ぐるっと一周された印どおりに
    カッターで切り落とす。

    カッターの刃は危ないので、
    注意して使いましょう。

    ある程度切れたら、ハサミで
    切り落とすと楽ですよ!
    工作に使うのは「飲み口」側です。

  3. 風船も同じようにマジックペンで
    半分くらいに印を付けて、切り落とす。

    風船は「吹き込み口」側は使いません。
    丸くなっている方を使います

  4. コップの中に、切ったペットボトルを
    飲み口側から入れ、動かないように
    しておきます。

    上になったペットボトルの切り口に
    切った風船を伸ばしながらかぶせます。

  5. かぶせた風船とペットボトルの境目を
    ビニールテープで留めます。
    出来上がりです!

ペットボトルに付いた風船を引っ張って
バチンッとやると、空気が出てきます。

的を作って、狙って遊びましょう。

詳しい作り方は、
こちらの動画をご覧下さいね。

ペットボトルの種類によって違いはあるのか、
比べてみてもいいですね。

その他にも、下のような工作もあります。
高学年の皆さんは、チャレンジしてみては!

あわせて読みたい

RETURN TOP