おいしいおはなし

五山の送り火見るならこの場所!おすすめビューポイント

京都夏の風物詩。。。五山の送り火

お盆にお迎えしたご先祖様の霊を、
再び冥途へお送りする行事ですが

今や京都の有名な一大イベント
多くの観光客で賑わいます。

五山の送り火はその名の通り、
市街地を囲む5つの山々のそれぞれに
文字や形を模った6つの送り火のこと。

歴史は古いのですが、
いつの頃から始まったかは定かではないそうです。

6つの送り火が毎年8月16日20時から、順に点灯されます。

 

点灯時間&場所

6つの送り火の点火場所と時間です。

  • 『大文字』…東山如意ヶ嶽(大の文字) PM8:00~
  • 『松ヶ崎妙法』…松ヶ崎西山東山(妙・法の2文字) PM8:10~
  • 『船形万燈籠』…西賀茂船山(船の形) PM8:15~
  • 『左大文字』…大北山(大文字より小さい大) PM8:15~
  • 『鳥居形松明』…曼荼羅山(鳥居の形) PM8:20~

すべて、30分程度点灯されるようです。

 

 

見える場所おすすめビューポイント

 

まずは、丸太町通りより北の鴨川沿い。
京阪出町柳駅周辺では『大文字』が見られます。
中でも賀茂大橋はおススメ!

今出川通りから鴨街道は『大文字』

紫明通りは『大文字』『妙・法』『船形』『左大文字』

北大路通りは『大文字』『妙・法』『船形』

北山通りは『船形』『妙・法』
など…『鳥居形』以外は見ることができます。

但し、交通規制がありマイカーはお勧めできません。
歩いて移動しながら見てください。

将軍塚もおすすめです。
駐車場付近では『左大文字』と『鳥居形』と『船形』
大日堂展望台は『左大文字』『船形』『妙・法』

 

その他にもおすすめビューポイントはたくさんあります。

上賀茂橋は『船形』が真正面に見られ、
『大文字』も見ることができます。

御園橋は『船形』が大きく見えます。

船岡山公園では、西側からは『左大文字』が真正面に、
東側は視野が広く『大文字』『妙』『法』
そして『船形』も見えます。

広沢池の東側から『鳥居形』が見えます。

 

このように、京都市街地のいたるところに
ビューポイントはあるのですが、

五山送り火の6つすべてを一日で制覇するとなると、
移動時間も考えて難しいかもしれません。

どうしても一日ですべて見たいと思われる方は…

送り火からの距離も遠く、見え方が小さくなるので、
少し迫力に欠けるかも知れませんが、

京都タワーや京都駅ビル
市内ホテルの屋上ビヤガーデンで
-お食事しながら五山の送り火を見る―
という方法もあります。

ちょっと大人な贅沢気分が味わえます。

それぞれ入場料が必要だったり
抽選の場合がありますので、
必ず確認してくださいね。

でも…できれば

幾度訪れても、飽きることない京都。

夏の京都を散策がてら数年かけて、
すべてを制覇するのもいいんじゃないでしょうか。

 

あわせて読みたい

RETURN TOP