おいしいおはなし

公園でメンズが彼女と初デート!春ならどんな服装がおすすめ?

スポンサーリンク

新人のM君は去年入社したばかりですが、優しい性格でみんなに好かれています。会社の社外イベント時でもM君は気配りが上手で人気者です。そんなM君も服装には悩んでいるようです。

M君「実は僕、今度公園で彼女と初デートする予定なんですが、どんなを着たらいいんでしょうか?」

私「公園でデートするのには春はよい季節よね。おすすめのメンズファッションはどんなものがいいかしら?」

同僚A子「ファッションならわたしにまかせて。メンズコーディネートには自信があるの。」

A子は自他ともに認めるおしゃれな女性で、そのファッションには定評があります。A子はデートの服装について以下のような提案をしてくれました。

公園でデートするときのメンズの服装の注意点は?

公園でデートするときはベンチなどに座ることを考えて、多少汚れてもいいようなカジュアルな服装がおすすめです。白いズボンは汚れが目立ちそうなのでやめた方がいいでしょう。

カジュアルでもだらしない服や清潔感のない服はNGです。靴はスニーカーが一番です。ブーツや革靴では雰囲気が重すぎて、せっかく公園で過ごすのにラフな感じが出ません。

春にデートするおすすめの服は?

A子は戸外でデートすることや、季節がということも考えてM君のために次のようなファッションを提案してくれました。

アウター編

  • ニットパーカー
  • 季節が春ならアウターにはパーカーがおすすめです。春といっても時期によって寒い日もあります。そんなときはニットパーカーが暖かくて便利です。ニットの素材がふんわりと優しそうな雰囲気象を与えてくれるのもよい点です。

  • プルオーバーパーカー
  • 頭からかぶるプルオーバーのパーカーは、体にぴったりフィットするためにすっきりした印象を与えてくれます。動きやすい上に、保温力やデザインが優れたものが多いのもプルオーバーパーカーの魅力です。

  • ジップアップニットパーカー
  • フロントについたジッパーを半分開けたり、あるいは全部閉めたりして変化をつけられるのがジップアップニットパーカーの特徴です。中に来ているインナーを変えればさらにいろいろなおしゃれを楽しむことができます。

    色にも気配りが必要です。黒はちょっと全体的に暗く重い印象を与えてしまうので避けた方が良いですが、グレーやブラウン系あるいはホワイトなど落ち着いた色を選ぶ方がおしゃれ感がでます。

    インナー編

    インナーには長袖のチェックシャツが良く似合います。カラフルなチェックシャツをインナーに着込めばおしゃれなメンズのできあがりです。明るめのカラーを取り入れればさわやかな感じで好印象を与えることができます。チェックの柄も種類が豊富でいろいろなタイプがあります。

    どんなコーディネートにも合わせやすいのはタータンチェック、カジュアルでもおしゃれにでも両方着こなせるのはギンガムチェックです。大き目なチェックが特徴なブロックチェックはカジュアルに着こなすにはぴったりのデザインです。

    ズボン編

    下半身をスッキリ見せたいのなら細身のズボンがおすすめです。特に最近人気があるのがテーパードパンツと呼ばれるズボンです。テーパードパンツは裾に向かって次第に細くなっている仕様のパンツで、スタイルを良く見せる効果があります。

    スキニーパンツと似ていますが、スキニーはウエストから裾までピタッと細いのが特徴で足のシルエットがそのまま表現されます。そのため足の太さが気になる人には抵抗があるのが難点です。しかしテーパードパンツはウエストにはゆとりがあるため、スキニーほど密着しないのでゆったりはけるのが特徴です。

    テーパードパンツを選ぶときは黒やグレーなどベーシックな色を選ぶとコーディネートしやすくなるでしょう。

    まとめ

    M君はその後、どんな服装でデートしたのかとても気になりました。あとで写真を見せてもらうとなかなかおしゃれに決めています。チャコールグレーのフード付きジップアップパーカーに赤と青のタータンチェックのシャツをインナーに着込んでいます。赤と青のチェック柄がさわやかな雰囲気を醸し出しています。

    ズボンは足がきれいに見えるテーパードズボンで色はブラックで、これなら足がすっきり細く見えます。デニム素材を選んでいるので、カジュアル感が感じられるのも好印象です。足元はラフなスニーカーをはいていて、公園デートにぴったりの雰囲気です。

    この服装が彼女に好感を持たれたようで、その後もおつきあいは順調だそうです。うまくいってよかったねと私もA子もほっとしています。

    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    あわせて読みたい

    RETURN TOP