おいしいおはなし

スノーボード初心者の板選び!種類や形状はどれがいい?

スポンサードリンク


子ども達も成長し手がかからなくなってから、自分の時間が増えた私。なにか、新しいことでも始めたいなとぼんやり考えていました。そんなとき、近所に住む友人から連絡がありました。

なんと「スノーボード」を始めたと言うではありませんか。彼女はもともと、運動神経が良くスキーも上手でした。「一緒にやろうよ!」と誘われたものの、スキーが下手な私は少し悩みました。ですが、スノーボードができれば寒くて長い冬を満喫できます。挑戦してみる事にしたものの、板の選び方がわかりません。


そこで、スノーボード初心者の板選びでポイントとなる、種類や形状について調べて見ることにしました。


スポンサードリンク






スノーボード初心者の板選びポイント1~サイズは身長を基準に


板を選ぶ際、大切なのがサイズ選びです。まずは自分に合ったサイズの板を選ばなくてはいけません。長さと幅の選び方のポイントです。

長さの基準


一般的に「身長-15cm」が基準といわれています。身長が160cmの人であれば15cm引いて145cmほどの板を選ぶと丁度良いようです。

ただ、身長により調整した方が良い場合もあります。「身長-15cm」を基準に考え、板の先端が自分の顔下半分あたりにくる長さを目安に選ぶと良いでしょう。

また、スピード感を重視する人は少し長めに、小回りをきかせたい人は短めに、という選び方もあるようです。

幅の基準


次に幅の基準です。スノーボード板には前方をノーズ、真ん中をウエスト、後方をテールというように名前がついています。一般的に幅の基準は、真ん中のウエスト部分の幅=ブーツサイズ-1cm程度といわれています。

スノーボード初心者の板選びポイント2~種類と形状を知る





板の種類は形状によって分かれています。形状は上から見た形と横から見た形の2つがあります。種類はおおまかに分けて3種類です。

上から見た形状の種類


ツインチップ
前方部分のノーズと後方部分のテールの長さと形が同じタイプの板です。安定した滑りより、ジャンプやスピンなどの技(トリック)に向いている板です。

ディレクショナル
ノーズがテールより長く、形状も違う板です。重心が後ろにくるため、安定感のある滑りが可能で初心者向きの板といえます。

ディレクショナルツイン
ツインチップとディレクショナルを合わせたタイプです。ノーズは長めで形は同じ形状の板です。安定した滑りと技のきめやすさのどちらも希望する人向きです。

横から見た形状の種類


主に4つに分かれますが、ここでは初心者向きのタイプのみご紹介します。

キャンバータイプ
板の真ん中の部分が盛り上がった形状で、スノーボード板の基本形といわれています。安定感は抜群で、カーブもやりやすく初心者にも扱いやすいタイプとして評価されています。

初心者におすすめの板をご紹介!




女性におすすめ!バートン フェザー

バートンのフェザーは、初めてスノーボードに挑戦する女性向きとしておすすめされている板です。デコボコ面でも引っかかりにくい作りになっているので初心者でも滑りやすいと評判です。

男性におすすめ!サロモン SUPER8

板が柔らかめにできていて、エッジコントロールがしやすい板です。安定感と操作性のどちらも優れているため、初心者でも扱いやすい板としておすすめです。

まとめ


とにかくブランドも種類も豊富なスノーボード板。選ぶのにも一苦労しそうです。私は家族や店舗スタッフの方と相談して決めようかなと思っています。

費用がかかりますから、できるかわからない場合、最初はレンタルするという方法もあるようですよ。ただ、毎年滑ろうと思っている方は、最初から自分の板を購入してしまった方がお得なようです。

子ども達には「運動音痴なのに…若くもないし…大丈夫なの?」と心配されています。ですが「何事もやってみなくちゃわからない!」を教える丁度良い機会だと思って、チャレンジしてみます!

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
LINEで送る

スポンサードリンク


あわせて読みたい

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

RETURN TOP