おいしいおはなし

冬至に南瓜を食べる理由とは!?

スポンサードリンク


季節の変わり目や節目に、お祝い事厄払いと言った行事や風習がありますが、冬至に南瓜を食べると言うのもそのうちの一つで有名ですよね。

母や祖母が毎年作って「縁起がいいから食べなさい」と、子供の頃から半ば強制的に食べていた記憶があります。そもそも、なぜ南瓜なんでしょうか?


何も考える事もなく毎年冬至には(冬至すら意識していませんでしたが)南瓜とあずきの煮物が食卓に並べられていました。

冬が来て年末も近づく時期、夫は食べたがるので、今年も作らないとなぁと考えていたらふと気になってしまいました。そこで、早速、冬至に南瓜を食べる理由を調べて見ました!




スポンサードリンク





冬至とは


冬至とは「一年で一番昼が短い日」を言います。毎年大体12月22日頃が冬至です。(冬至の逆で、一年で一番昼が長い日を夏至豊作を占う事にも使われてきた重要な日でもあります。

・冬至が晴れ→翌年は豊作
・冬至に雷→翌年は雨が多い
・冬至に南風が吹く→地震、干ばつ、大雨と言った異常気象になる
・冬至に雪→豊作


と言うような感じで占われていたらしいですね。


冬至の由来


中国の考え方では、冬至は日が短く翌日から日が長くなる事から太陽が生まれ変わる日とされていたそうです。冬が終わって春が来るという意味でも運気が上向きになって縁起がいい事とされお祝いする日でもありました。

日本では、昔は冬に作物は摂れず動物も冬眠してしまい食糧不足から冬を越す厳しさがありました。冬を越さないといけませんから、夏に収穫し保存していた南瓜を大切に食べながら冬を越したと言われています。


冬至に南瓜を食べる理由




南瓜は栄養豊富で色々な料理に使えるため、食卓にあがる回数も多い定番野菜です。ほっこり甘くて好きな方も多いのではないでしょうか。お菓子にも使えますし万能野菜の一つですね。

保存が効くため、買っておいて常備しておけるので、助かりますよね。夏に収穫し冬まで寝かせる事で南瓜の栄養分が高くなると言います。

南瓜は寝かせるとでんぷんが糖分に変化し甘さが増すそうです。その他には抗酸化作用のあるβカロテン、ビタミンCやEと体に必要な栄養素がたっぷり含まれています。

元気に冬を越すためにも、体力をつけなければいけません。南瓜に含まれているビタミンEには血流を良くする作用がある事から、体を冷やさず免疫力を高める効果があると言われています。風邪予防にもなりますね。

ゲン担ぎとして


中国の冬至では「ん」が2個つく食べ物は運が重なると言う意味から縁起が良いとされてきました。ですが、南瓜って「ん」つきませんよね?漢字の読み方ですが、「南瓜」と書いて「なんきん」とも読めるからです。

他にもレンコンニンジンと「ん」が2個つく食べ物はありますね。冬まで保存が出来て、しかも栄養もたっぷりな野菜が南瓜だったため、冬至に南瓜を食べると良いと言う風習が今でも残っているのだそうです。

あずきと一緒に


冬至に食べると縁起がいいとされている食べ物は南瓜の他にもいくつかあるのですが、一緒に食べる事が多い「あずき」もその一つです。

あずきを食べる理由は、これも中国由来だそうですが、あずきの赤い色が魔除けの色とされあずきのお粥を食べる風習が日本にも伝わったからだそう。

「いとこ煮」ってご存知ですか?南瓜とあずきを一緒に煮た物なんですが、主に北陸地方などで食べられる郷土料理です。地域によって味付けが違うようですね。

私の住んでいる地域は北陸地方ではないのですが、母はいつも冬至にいとこ煮を作っています。味付けはぜんざいのように甘いものです。(ちなみに私はつぶあんが苦手なため、南瓜のみ食べていますが・・)




まとめ


冬至だから南瓜を食べる・・毎年何気なく食べていましたが、健康に冬を越すためと言った理由やゲン担ぎ、厄除けと色々な理由があったんですね。

母や祖母が家族の健康を考えて体に良いからと言う理由で毎年食べなさいと言っていたのも、理由を知ると納得できますね。私は、いとこ煮じゃない方がいいのですが、夫は甘党でぜんざい、おしるこ大好きなので今年もいとこ煮の予定です。

冬至に南瓜を食べ、風邪なんて寄せ付けずに健康で元気に年越しをして、また一年頑張りたいですね!

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
LINEで送る

スポンサードリンク


あわせて読みたい

RETURN TOP