おいしいおはなし

金星という名の惑星!太陽系で一番地球に似ている!?

スポンサードリンク


夜空に浮かぶ、たくさんの星。
そして、輝く月。

人類は、地球の衛星である、月に到達しただけで、
宇宙は完全に、未知の世界です。

しかし、最近は、民間会社の宇宙旅行ツアーなども、
組まれるようになってきて、そのうち、大航海時代のように、
宇宙へ繰り出す時代も、やってくるかもしれません。

20140724-300x225

もし、人類が、月以外の星に到達出来るとしたら、
目指す星は、太陽系のどれかの星と言うことに、
なるでしょう。

太陽系は、太陽から近い順に、
水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星
の並びになっており、
この8つの惑星から、成り立っています。

地球のお隣さん、と言うと、火星と金星ですが、
中でも金星は、地球と大きさや質量が似ていて、
地球の双子星、とも言われているんですよ。

太陽系の惑星とはどんな星なのか、
似ていると言われている金星は、どんな星なのか

詳しく見ていきたいと思います。


スポンサードリンク





太陽系の惑星


大きく分けて、内惑星と、外惑星に分れていて、
内惑星は、水星、金星、地球、火星、
外惑星は、木星、土星、天王星、海王星です。

内惑星は、地球型惑星とも呼ばれ、
この4つの惑星は、岩石や金属などの、
気体には、なりにくい物質から、出来ています。

外惑星は、地球型惑星よりも、はるかに大きく、
全て地球よりも、4倍以上の大きさがあります。

木星、土星の組成は、主にガスで、密度も低く、
巨大ガス惑星と、呼ばれています。

天王星、海王星は、氷とガスで出来ており、
巨大氷惑星と、呼ばれています。

この中で、もし、人類が到達するとしたら、
距離や、惑星の組成から考えてみても、やっぱり、
地球型惑星である、双子星の金星が、一番可能性が高そうです。

金星の主な特徴


金星は、地表に大気が存在します。

地球で言うと、大気は、太陽からの紫外線などの、
有害物質から、生命を守ってくれる、とても大きな存在です。

現在の地球の大気は、窒素78.1%、酸素20.9%
アルゴン0.93%、二酸化炭素0.03%となっています。

金星の大気は、二酸化炭素96.5%、窒素3.5%、
二酸化硫黄0.015%、水蒸気0.002%、一酸化炭素0.0017%などです。

この大気の、組成の違いが、地球が生命の住む星に、
金星は、生命の住まぬ星になったと言えます。

金星は、大気のほとんどが、二酸化炭素です。
人間で言うと、二酸化炭素の濃度が7%を超えると、
死に至ると言う、毒性があります。

更に、二酸化炭素の性質として、温室効果があります。
この温室効果のせいで、温められた大気が、
いつまでも、地表に留まることになります。

金星の地表の気温は、平均で464度
最低でも、400度を切ることはなく、最高500度です。

この、灼熱地獄で誕生する生命、生きられる生命は、
地球の物差しで測ると、難しいように感じます。

更に、追い討ちをかけるように、気圧が高く、
金星の地表は、地球の水深900m程の気圧です。

そして、金星の地表では、数mの風しか吹きませんが、
上空では、スーパーローテーションと呼ばれる、
秒速100mを超える、凄まじい風が吹いています。

また、金星の自転はとても遅く、金星の1日は、
地球の約117日にあたり、自転の向きも逆なので、
金星では、太陽は西から昇り、東に沈みます。

もし、人類が金星の地表に、降り立ったとしても、
1日がとんでもなく、長くて、方位も間違えそうですね。

最後に


20140724_2-300x200

双子星と呼ばれる、片方は、生命で溢れる星となり、
もう片方は、生命の痕跡が見えない死の星です。

原始の地球は、金星と似たような大気だった。
と言う説もあります。

ほんの少し、何かが違っていたら、
金星にも、地球と同じような人類が居て、
青い星を、見上げている可能性もあった訳です。

そして、この青い地球も、このまま温暖化が進めば、
金星のような、灼熱地獄になることも、起こり得ます。

そう考えると、夜空に輝く金星は、私たちに、
警鐘を鳴らしてくれているようにも、思えてきます。

いつまでも青く美しい地球で、あり続けるよう、
そこに住む命の一つとして、私たちも、
努力をしていかなくては、いけませんね。

そして科学技術は、日進月歩、進化しています。

私たちが生きている間に、その目で、
宇宙空間に浮かぶ、青い地球を見ることが出来る日も、
そう、遠くないことかもしれません。

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
LINEで送る

スポンサードリンク


あわせて読みたい

RETURN TOP