おいしいおはなし

落雷対策とは?避難するための知識と方法!

スポンサードリンク


落雷が起こったときの対策
皆さんはどんなことを知っていますか?

避難の方法を改めて聞かれると
一瞬考えてしまいます。

しかし、落雷は自然現象として突然おこりますので、
瞬時に考えなくては身を守れません。

あの人は助かったのに、
1メートルも離れていなかったあの人は……
なんて話をニュースなどでよく目にします。

私自身も一度だけ落雷に出くわした経験があります。
神社の大木が真っ二つになったのを見ました。


スポンサードリンク






その日の天候はくもりで、落雷したその神社に
向かう途中でした。

ポツポツと突然雨が降り始めたかと思うと
かなり近くの空から「ゴロゴロゴロ」と物凄い音が
し始め「ぴかー」っと稲妻が光りました。

かなり近くには感じましたが、
どこかに落雷が落ちたような
感じではありませんでした。

物凄い音と光だけ、そう思いました。

到着場所の神社の鳥居をくぐってすぐ
「えーーーあら~~」

目の前の神社の大木が落雷により真っ二つに!
煙と焦げた匂いが漂っていました。

ちょうど神社では、ラジオ局主催のカラオケ大会が
開催されていたらしく露店もたくさんありました。

露店のおばさんに聞くとケガ人は無かったそうです。
もし、私がもっと早くに神社に到着していたら
危なかったかも…と考えてしまう出来事でした。






落雷対策!避難の知識を知ろう!

雷は雷雲の位置次第で、
海面・平野・山岳など所選ばずに落ちます。

近くに高いもの(建物や木など)があると、
これを通り落ちる傾向があります。

グランドやゴルフ場・屋外プール・堤防や砂浜・
広い海の上・山の頂上・谷と谷に挟まれた尾根などの

高いところでは人間に雷が落ちやすいので、
なるべく早く安全な場所に移動しましょう。

鉄筋コンクリートなどの建築物・
自動車(オープンカーは不可)

バスなどの乗り物系や列車の内部は
比較的安全な空間です。

また、木造建築物の中も基本は安全ですが、
電気器具・天井・壁から1m以上離れていれば
更に安全です。


05cf9e89dc415db1ace5305cfce1d471_s-300x200

落雷対策!安全な場所が無い場合

まわりに安全な場所がない時は、
鉄塔や電柱、木を目安に、避難します。

鉄塔や電柱の場合は、
一番高いところが45度以上の角度で見え、

さらに、鉄塔や電柱から4メートル以上離れた場所が、
保護範囲と呼ばれる、避難場所となります。

高い木の場合は、落雷がおちやすく危険です。
なるべく、樹木全体から2mは離れましょう。

身体を低くし、持っているものは身体より
上の位置にならないようにしてください。

落雷が止まって20分以上たったのを確認してから、
今いる場所から安全な場所に動いてください。


6192af06ba96f6cf1c0652a4dd9858b2_s-300x225

まだ、雷の音が聞こえるなど、
カミナリ雲がまだあるときは

落雷がおこる可能性がかなり高いので
動かず様子をみましょう。

おさまったら、すばやく身を隠せる場所へ
移動することが落雷対策です。

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
LINEで送る

スポンサードリンク


あわせて読みたい

RETURN TOP