おいしいおはなし

紫外線と赤外線!波長による違いと共通点は?

スポンサードリンク


お肌の対策のため、みなさん気にしている紫外線
身体を温める優しい熱を発する赤外線

この二つの光には実は共通点があります。
この2種類の光は、人の目では見えません
2つを併せて「不可視光」と呼ばれます。

この二つの光が「不可視」なのは、
波長が関係しています。

身近な2つの光について「波長」という視点
改めて理解してみると、光が私たちに及ぼす
メリットとデメリットの理解に役立ちます。

二つの光を改めて知って、
生活や美容に役立てましょう。


スポンサードリンク




「不可視光」って何?


人間の目に色が見える仕組みと、
光の関わりはご存知ですか?

暗闇の中では何も見えませんよね。
夕暮れ時はどうでしょうか?

昼間の光の下では鮮やかに見えていた景色が、
だんだんと色あせていくのを
体験したことは無いでしょうか。

私たちの目は、光が反射したものをキャッチして、
ものを見て、色を捉えています

色、というのは実は不思議なもの。
色の違いは反射の違いによって生まれます。

私たちの目に見える「可視光」
波長が380~780nmの範囲の光です。

この波長の範囲の光は、
反射して私たちの目を通り脳が感知するとき、
色を認識させます。

波長によって色がだんだんと変化していきます。

波長が一番短い光が380nmの紫、そこから、
藍、青、緑、黄、橙、そして
一番長い波長が赤、と変化していきます。

こちらの動画に不可視光と可視光の波長と色
紹介されています。



さて、この「可視光」の波長から外れたのが「不可視光」
「紫外線」と「赤外線」です。

「紫外線」は「可視光」の一番短い波長380nmより短い、
100~380nmの波長の光です。

一番短い波長の「可視光」380nmが作る色が紫なので、
紫の外、「紫外線」と言います。

一方「赤外線」は、「可視光」の一番長い波長780nmより
長い、780nm~1mmの波長です。

「可視光」の一番長い波長780nmが作る色が赤なので、
赤の外で「赤外線」です。

ちなみに、紫外線には種類があることをご存じな方も
多いと思います。

紫外線には3種類あり、波長の短い順から

  • UV-C 波長は100~280nmでオゾン層より下には届きません

  • UV-B 波長は280~315nmで日焼けの原因になります

  • UV-A 波長は315~380nmでシミの原因になります


UV-A曇りでも地表に届き、
室内でも窓を通り抜けることが知られています。

肌に当たると皮膚の内部にまで到達します。
このUV-Aにあたることで急激なダメージを受けることは
ありませんが、じわじわと肌細胞にダメージを与えます。

これにより細胞が壊れた部分がシワやタルミになります。
また、弱った皮膚では色素細胞が酸化し黒くなって、
シミになります。

もっと波長の短いUV-Bは、
日常生活で影響を受ける機会は少なくなります。

このUV-Bは海水浴など強い紫外線を長時間浴びた時
影響を受けます。

影響はUV-Aよりも急激で、いわゆる「日焼け」、
皮膚の火傷の状態を作り出します。

この火傷の後、メラニン色素が増加して、
色素が沈着すると、日焼による皮膚が茶色くなる
状態がおこります。

また、UV-Bにより肌のコラーゲンを壊す酵素
作られることで、UV-Aによるダメージを助長します。

UV-Bは、かつてオゾン層に吸収され、
地上に届く量は今より少ない状態でした。

しかし、オゾン層の破壊が進み、人体への有害性が高い
UV-Bが地上に届きやすくなってしまいました

このように波長を軸に紫外線を捉えると、
どんな場面でどのUVケアを行えばいいか
わかりやすくなりますよね。

肌に負担となる日焼け止め、
場面ごとに使い分ければ、肌ケアはより的確になります。

いいことだらけ!?赤外線の性質


さて、もう一つの「不可視光」赤外線は、
どんなものでしょうか。

紫外線に比べると、赤外線は人間に害の無い
良い効果がたくさんあります。

赤外線といえば身近に使われるのは暖房器具ですよね。

太陽からもたらされる赤外線にも
地表を温める効果があります。

暖房器具で用いられる場合には「遠赤外線」ですね。
赤外線の波長の中でも長いものを「遠赤外線」と呼びます。

波長が短い「近赤外線」に比べて温める力が穏やかなので、
暖房に適しているのです。

赤外線という光が熱を与えてくれるのは、
光自体が熱を持つからではありません

赤外線が発する電磁波が、水分を含む物質にあたると、
吸収されて熱に変化するのです。

この仕組み、電子レンジに似ています。

電磁波が血液に熱を与えてくれることによって、
血流が良くなり、体内から温まることができるのですね。

それぞれの光とは切っても切れないのが
地球に住む私たちの運命です。
上手に恩恵を預かれるといいですね


スポンサードリンク


あわせて読みたい

RETURN TOP