おいしいおはなし

東京の梅雨明け!時期はいつ頃

スポンサードリンク


014491 1年に1度は必ずやってくる梅雨の時期は
とても憂鬱な気分になりますね。

もちろん雨は必要な自然の恵みですが、
洗濯物は乾きが悪くなってしまいますし
外出も少し避けるようになってしまいがちです。

特に外出する時に傘と言う荷物が
ひとつ増えてしまいますし、
雨が止んだら何処かに忘れてしまいがちになります。

こんな時に待ち遠しいのが
梅雨明けの発表の天気予報です。

地域によって違いますが
今回は東京の梅雨について調べてみました。



スポンサードリンク




東京の梅雨の始まりは


一年中で5月~7月にかけて毎年巡ってくる
雨の多い時期を梅雨というのですが・・・

東京の梅雨の始まりは毎年平均的に
6月8日頃だと予想されています。

ちなみに2013年は
5月29日
と凄く早く梅雨に入りました。

毎年の東京の梅雨の期間ははと言うと
平均的に見て44日間続くと
データで計算されています。

改めてみてみると約1ヶ月と少しやはり
長く感じる期間梅雨を過ごしているのですね。

ちなみに梅雨に入ってしまうと梅雨明けの時期も
待ち遠しいですよね。

果たして梅雨明けはいつ頃になるのでしょうか?
毎年の平均データを検索してみると
7月21日頃
梅雨があけるそうです。

最近は梅雨入りも早くなるに従って梅雨明けも
毎年早くなってきているようです。

7月21日と言えば学校が夏休みに入る頃なので
外で遊びたい学生にとっては嬉しい情報かもしれません。

ちなみに梅雨入りの日も梅雨明け日も毎年確定している
わけではなく自然現象なので、
梅雨入りするでしょう・梅雨明けするでしょうと
予定日みたいな言い方しか出来ないそうです。



梅雨の晴れ間とは

じめじめの毎日で気分が憂鬱な時に
ひょっこり何日か太陽が顔を出す日
があります。

この太陽が出ている日の事を言い、この晴れ間の間に主婦の方は
溜まっている洗濯物を片付けたりします。
013767
気候的には高温多湿的な気候が続いているので、最近はこの時期に熱中症にかかる人も増えていているみたいです。


梅雨は雨の恵みをもたらすのでなくてはならないものだとわかっています。

もちろん農家の人にとっては尚一層大切な雨です。

でも、この梅雨の雨が毎年少なくなっていると聞きます。

雨ばかり降っていても困りますが、適度な雨は必要ですね。

昔はよく今はめっきり見かけなくなりましたが昔は梅雨の
時期の晴れて欲しい時にてるてる坊主をみかけたりもしました。

梅雨に入るまでにしっかり傘・レインコート・長靴などを準備して
梅雨を乗り切りたいですね。

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
LINEで送る

スポンサードリンク


あわせて読みたい

RETURN TOP