おいしいおはなし

電源を使用?電圧や電流の関係はこうなる!

スポンサードリンク


電圧電流の関係って日常生活では、
ほとんど気にしませんよね!

でも、先日、ドライヤーを買い替えようとした時に
こんな風に思ったんです。

hairdryer-295617_640-300x199

家庭用電源の100V用で1000Wのドライヤー
使えば、10A流れる。

でも同じドライヤーを200V用
つないだら、5Aしか流れない・・・。

よく分らないのは、電圧の高いものが「危険」
「取扱注意」で電気がたくさん流れている
感じがある事です。。

だけど、実際はどうなのかな?


スポンサードリンク





同じ電力なら電圧と電流の関係はどういう関係でも同じ?

電圧が高い方が、電流が少なく
電力の伝送損失が、少ないそうです。

100V用1000Wと200V用1000Wの2つのドライヤーが、
100メートル離れたところにあるとする。

100Vの電源から、100mの電線を引いて
100V用1000Wのドライヤーにつなぐと、
10Aの電流が流れる。

200Vの電源から、200V用1000W用のドライヤー
つなだ電線は、5Aの電流が流れる。

2da2a9d8c6c54149454a8fb9c0fff7cd

電圧、電流、抵抗の関係を式で表わしたもの
オームの法則
  • 電圧V(ボルト)=電流I(アンペア)×抵抗Ω
  • 電流I(アンペア)=電圧V(ボルト)÷抵抗Ω
  • 抵抗Ω=電圧V(ボルト)÷電流I(アンペア)
これに当てはめて計算します。

同じ1000Wのドライヤーを使うけど、
途中の電線の抵抗が0.1Ωあったとすると?
(この時ドライヤーにかかる電圧減少は無視)

100Vライン
10A×10A×0.1Ω=10W
電線発熱があり、これがロスの発生となります。

200Vライン
5A×5A×0.1Ω=2.5Wとなって、
4分の一のロスですむのです。

こんなかんじで、同じ電力を送るときに、
ロスは基本的に電圧の2乗の逆比で少なくな
のです。ちがいがあるのです。

実際の高圧送電は6~27万V(ボルト)
のはず・・・。

高圧送電線間でコロナ放電(光を伴う静かな
放電現象)
するので、むやみに電圧
上げられないそうです。

ん?どうしてかな。

家庭用の電源で考えると?

高電圧で送るというときに、送り先に高電圧
で受ける負荷がかかるからです。

20万Vで送れば、向こうには20万Vで
丁度いい電流が流れる大きなトランス(変圧器)
が必要ということです。

このことからイメージして、考えてみます。
家庭の中では、電源が送る側で受け取る
トランスが、ドライヤーということになります。

一般に大電流が流れているから、危険と
いわれるけど、電圧の高い方が本当は危険なのです。

e236d9c523da6303818a3871d913a00958d901e21358308566

なぜなら、触れればその電圧に比例した
電流人体に流れます。

100V用1000Wと
200V用1000Wのドライヤーでは?

電圧の高い200V用1000Wの方が
どちらかといえば「危険」「取扱注意」
なのです。

なので、家庭用電源はより安全な100V用
が多いと理解できます。

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
LINEで送る

スポンサードリンク


あわせて読みたい

RETURN TOP