おいしいおはなし

英語のリーディングの勉強法! 苦手意識を克服しよう!

スポンサードリンク


英語のリーディングって嫌ですよね。

例えばテスト。文法問題なら似たような問題を
繰り返すことで対策がたてられるけど、
リーディングって何を練習したらいいのかわからない。

そんな風に思っている人が沢山います。

けれども大学生や社会人になっても必要なのは、
英語のリーディング力です。

グローバル時代に要求されるのは、
文献や資料を英語で読み込む力です。

苦手な英文読解を克服するためのおすすめ勉強法
ご紹介します。


スポンサードリンク




後ろから訳さないで


英語は日本語と文法構造が違います。文章をすべて
日本語に直すのではなく、
英語をその語順のまま理解して読み進めることが大切です。

もしできていなかったら、
そこを意識して読んでみましょう。

どうしても慣れないうちは、一語一語を指で差しながら
声にして日本語にしてみてください。


例えば、I have a book.
「私、持っている、一冊の、本。」といった具合です。

これが頭の中で「私は本を一冊持っている」
という理解になります。


少し続けると嫌になる作業ですが、声を出さずに目で
英文を追えるようになれたら、成功です。




文の構成を考える


英語の論説文やレポート、資料といった文章であれば、
小説に比べて読むのは比較的簡単です。
ポイントは、文の構成。

英語の文章は起承転結では書かれていません。
最初と最後の段落に一番主張したいこと
(要旨:Main idea)が必ず盛り込まれています。


そして、第2段落からは要旨をサポートする内容に
なっています。原因や理由、その考えに至る現状などが
1段落に1つの内容で数段落に渡って書かれています。

ただやみくもに読むのではなく、
筆者の言いたいことを書いている1文と
その理由を探しながら読むことが大切です。


読解問題を解く時も、先に設問に目を通してから
リーディングに取りかかる
方が効率良く読むことが
できますよ。

とにかく読む


日本語でもそうであるように英語のリーディングも
一朝一夕には上達しません。では日頃から少しずつ
できること
って何でしょうか。

おすすめは沢山読むことです。
リーディングのレベルはご自分でスラスラ読める物から
徐々に上げていきましょう。


特に苦手意識のある方は、
子ども用の絵本からでも結構です。

難しい本を一冊読破するよりも、
易しくて読みやすいものを沢山です。

辞書は極力引かないで読みましょう。

わからない言葉は文脈、つまり前後の文章から
想像してみてください。


英語の文章は論理的に成り立っているものが多いです。
文の構成を意識するだけでも、格段読みやすくなります。

また難しい単語は、言葉を言い換えたり
説明をしていることもよくあります。

あきらめずに前か後ろにヒントがないか見てください。

まずは、自分が難なく読めるレベルの英文から
チャレンジして、量をこなしましょう。

それでも辛いときは、内容を既に知っている文を
繰り返し読んでも構いません。

沢山読むことで、英文に慣れて自信がつきますよ。

インターネットの英語のサイトや記事に
チャレンジするのも良い練習になりますね。


興味のあるジャンルの読み物
苦手な英語のリーディングを克服しましょう。

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
LINEで送る

スポンサードリンク


あわせて読みたい

RETURN TOP