おいしいおはなし

英語のアクセント!母音だけにつくの!?

スポンサードリンク


日本では、本格的に英語の勉強が始まるのは、
中学校からですが、今の学習をいくら頑張っても、
「英語を話せる」ようには、なりません。

英語には、日本語と同じように、
音節がありますし、読み方の基本もあります。

824ac3d1c3e2f411a1a68fa13791088b_l-200x300

でも、日本では、単語を丸覚えして、
発音も、書いてある通りに覚えるのみ。

だから、知らない単語が出てくると、
正確な読み方も分からず、読めないのです。

「書く」ことを重視せず、
「話せる」ことを、重視した学習を、
目指すべきですよね!

そんなことを考えながら、
最近、息子たちと学習しているときに、
ふと思ったのです。

あれ?アクセントって、
母音にだけつくって思ってたけど、違う?

疑問に思ったときが、学ぶとき!
さぁ、調べてみましょう!


スポンサードリンク





母音の話


英語では、「a,e,i,o,u」を、母音
他の文字は、子音と呼ばれています。

ですが、調べていくと、母音は、
それだけではない!ということが、
分かりました。

例えば、<cycle>
日本語で書くと、<サイクル>
読みの、アクセントは、「y」につきます。

このように、「y」の文字を含む部分、
この単語で言うと、「cy」の「y」は、
「i」と同じ読み方をし、母音と見なされます。

c0b6122cc21391c4d7fefcb9060cc436_l-300x200

私たちは、英語の母音というと、
「a,e,i,o,u」だけだと、思いこんでいますが、
「a,e,i,o,u」は、基本で、時々「y」も母音になる!

と、考えておいた方がいいですね!

アクセントについて


英語には、母音と子音と呼ばれる、
2種類の読み方(音)があります。

アクセントは、
子音で構成される文字につくことはなく、
母音がついている文字に、つきます。

これは、英語の「お約束」です。

単語の最初の母音にアクセント

apple(ップル・りんご)
about(バウト・~について)
error(ラー・失敗)

これらは、単語の最初の母音である、
aまたは、eに、アクセントがつきます。

母音を含む音節で、母音につくアクセント

bus(ス・バス)
music(ミュージック・音楽)
river(バー・川)

これらは、母音と呼ばれる、
「a,e,i,o,u」だけでは、発音できないので、
その前の「b」「m」「r」と合わせて、読みます。

これが、母音を含む「音節」に、
アクセントがつく!という意味です。

2fcc10d6c265f5a9f8461396f3bddfff_l-300x198

例外の「y」


母音の話の部分でも触れましたが、
英語では、「y」を含む音節に、
アクセントがつく場合が、あります。

<例>
try(トライ・挑戦する)
sky(スカイ・空)
fly(フライ・飛ぶ)

「y」を「i」の母音読みにするときは、
「r」や「l」とセットになっていることが、
多いですよ(*^_^*)

こう説明してきて、
お分かりになられたハズですね!

母音は、「a,e,i,o,u」だけではなく、
例外の「y」がある!

c8df39e15762c1927d9d7dcd83feb69e_l-200x300

なんだか、すごい発見をしたような気分です!

知らない単語が、出てきたとしても、
どれが母音になるのかな~?なんて、
探す楽しみも、出来ましたね!

「y」に、騙されないように!
Let’s study!

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
LINEで送る

スポンサードリンク


あわせて読みたい

RETURN TOP