おいしいおはなし

理科の自由研究? 実験は簡単でオススメです!

スポンサードリンク


毎年、子供の夏休みの自由研究のテーマに悩みますよね。
当の本人の子供より、親が悩むことの方が多いのでは。
komatta_man-222x300

「自由研究、何すればいいの~っ」「あー、どうしよ~」と暢気な子供に反して、それに巻き込まれる親はブルーなんです。

自由研究は「自分の興味のあるものを調べてみよう」というコンセプトですが、子供の自発的なきっかけって難しいです。

生活の中での疑問や興味を自由研究に活かせる子供は少ないですよね。

毎年子供のために一肌脱いでいる保護者の方、
もっと簡単に自由研究を済ますヒントがありますよ。


スポンサードリンク






理科の実験がオススメ!

自由研究のテーマは、
「社会科・調べもの」「工作」「観察・調査」「理科実験」
に分けることができます。

この中で「理科実験」が比較的簡単なようです。

なぜなら、理科実験は結果がわかっているからです。
結果が導き出される理由も、最初から判った上での研究ですから。

例えば「地震」のテーマにして「地震はなぜ起こるのか?」とすると、
地震のメカニズムを調べてまとめあげる方法と
メカニズムを実験として結果を報告する方法があります。

「地震がなぜ起こるのか」結果がわかっているならば、
実験して結果を導き出したほうが、説得力がありますよね。

それに、実験で正解の結果が出るのは面白いです。
子供のテンションがあがる上、理科に興味が湧くきっかけになります。



簡単でオススメの実験のアイデア

身近な材料で簡単に楽しくできる実験とまとめ方を紹介します。

「音の形を見てみよう」

■研究の動機
  • 目に見えない音の振動とは、一体どんなものなのか?
  • 音の種類によって違いはあるのか?
  • 音を形にして見てみたい。
■用意するもの
  • ボウル
  • 色つきのビニール袋かシート
  • テープ
  • はさみ
■実験方法
  1. ビニール袋をボウルより大きく切ります。
  2. ボウルにビニールをピンと張ってボウルの底や側面にテープを貼ります。
  3. ムラにならないよう塩をふりかけます。
  4. ボウルに向かって大きく声を出します。高い声や低い声など色々な声で試す。
  5. 声の振動によって塩が変化する様子を調べます。
  6. 声以外にも笛やスピーカーなどでも実験してみる。
文章だけではわかりにくいので、動画もご参照くださいね。



■まとめ方
  • 高い音と低い音では塩の様子に違いはあるのか。
  • 声以外の音では塩はどのようになるのか。
  • 実景前の予想と結果の違いはどうであったか。
  • 塩の様子の絵や写真を用紙に貼るとわかりやすい。
  • なぜそうなったのかを調べてまとめると更によい。
夏休みの自由研究の参考にしてみてくださいね。

 

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
LINEで送る

スポンサードリンク


あわせて読みたい

RETURN TOP