おいしいおはなし

海水浴の持ち物は?子連れの必須アイテム!

スポンサードリンク


sea-229749_640-300x180 大人だけなら多少の不便はガマン出来ますよね。

でも「今この瞬間」を生きる
小さな子ども達はそれが出来ません。

だから子連れで外出する時は、
子供用グッズを持ち歩きますよね。

普段の外出がそうですから、
海にお出かけするならいつも以上に
持ち物が気になります。

海水浴場に到着してから、
必要なものを忘れて大慌てにならないように気を付けたいものです。

そこで子連れで海水浴に行く時の必需品から、
あると安心するグッズをご紹介しますね。


スポンサードリンク





海の家や周辺にコンビニがあるかで持ち物は微妙に変わりますが、
混雑している場合もあるので、
ここではナシと考えてリストを作りました。

持ち物がかなり多くなってしまいますが、
これなら色々なシチュエーションに対応できそうに思いますよ。

絶対に持って行きたい物

  • 簡易テントかパラソル
    (熱中症予防のために休憩場所を作ってあげましょう)
  • 水着 
  • 帽子(子供用には特に首すじもガード出来る物) 
  • 日焼け止め(汗や海水で落ちるので、こまめに塗りなおしましょう)
  • ビーチサンダル(理想はマリンシューズ)
  • バスタオル(体をふくだけでなく、日差し対策にも活用できます)
  • ウェットティッシュ
  • 水をいれたペットボトルやポリタンク
    (手洗いや、最後に海水・砂を流すため)
  • ペットボトルはテントやレジャーシートの重石、
    水がなくなったら砂を入れれば、また重石に出来ますよ

  • レジャーシート
  •  
  • ごみ袋 
  • 濡れた水着入れ 
  • 着替え(子ども用)
  • 消毒薬やバンドエイド、クラゲや虫刺されなどの薬類
  • お弁当や飲み物類(クーラーボックスに入れておく)
  • 飲み物は一部凍らせると保冷剤代わりになります
  • お菓子類(チョコは溶けるので避ける)
  • 濡れてもいい貴重品用の入れ物(家族全員で海へ入る場合)

sea-260289_640-300x199

あると便利な物

  • 浮き輪 
  • ビーチボール(風に飛ばされないよう注意が必要)
  • 砂遊びセット 
  • ラッシュガード(万全に日焼け対策をしたい人)
  • ビニールボート 
  • ゴーグル 
  • カメラ・ビデオ 
  • 防水ケース 
  • 小銭入れ
  • 折り畳みイス 
  • 砂をはらう用のタオル 
  • うちわ(扇子) 
  • 日傘 
  • 首の冷却スカーフ 
  • 車内や電車内でのおもちゃ類

child-329234_640-300x142


貴重品は誰かが留守番できるならいいんですが、
全員で場所を離れる場合はどうしようか迷いますよね。

周囲にお店が無ければ、
現金は必要ないので車に置いてもいいかもしれません。
(車も車上あらしの危険がゼロではありませんが・・・)

海の家などがあるなら、
飲食用に最低限の現金を防水ケースに入れて
首に下げるといいかもしれません。

置き引きも少なくないようですから、要注意ですね。

子どもも最初は喜んでいても、
海で遊び続けるのは疲れてしまいますね。
休憩をとりつつ楽しみましょうね。

砂浜でボール遊びもおススメです。
貝殻探しも楽しそうですね。

きれいな貝殻をみつけたら持ち帰って工作に使っても楽しそう。


穏やかに見えても、海には危険がたくさんあります
また人が多い海水浴場だと迷子にもなりかねません。

お子さんから絶対に目を離さないでくださいね。

私が初めて子どもを初めて海へ連れて行ったのは、
2歳ごろでした。

広がる砂浜を見せて、
「好きなだけお砂遊びしていいよ」と砂遊び道具を渡しました。

するといつもの狭い公園の砂場とのギャップに固まってしまい、
ひたすら砂をつかんでは落とす作業を延々と続けたので
砂遊びグッズは不用でした。

こんなこともありますので、
ご家庭に合ったものをピックアップしてくださいね。

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
LINEで送る

スポンサードリンク


あわせて読みたい

RETURN TOP