おいしいおはなし

心理テストと占いの違いとは?自分の○○を知ること!

スポンサードリンク


私って、こんなタイプの人間なんだ・・・。

雑誌によくある、心理テストのチャートを、
yesかnoを選んで、矢印を進んだ先には答えが。

まあ、あながち間違ってないな、的な答えには、
妙に納得する自分がいます。

予想に反して、えーっ?!これ間違ってない?
そんな時は、もう一回初めから、やり直す時も。

心理テストで、自分が求めている答えを
自己確認し、安心している自分がいるような。

心理テストって、ワクワクしますが、占い
結構なドキドキ感がありますよね。

はて?
心理テストと占いって、何が違うのかしら?

そんな疑問を調べてみましたよ!


スポンサードリンク




心理テストと占いの違い


ズバリ!現在と未来!です。

心理テストは、現在の言動から、自分でも
気づかないような、心の奥深くの気持ちを
あらわにします。

一方、占いは、様々な条件や方法で、現状や
過去を提示し、更に未来の暗示・指南をします。

似ているようで、似ていない心理テストと
占いですが、もっと細かく見てみましょうね。

norse-runes_61-1576-300x199


心理テストとは


心理テストをやると、いつも感じるのが、
ゲームみたい!何だか楽しい♪

何の関連性のない絵を見て、秘かに心の中
思っていることが、わかってしまうなんて。

心理テストって、不思議ですね。
この不思議のバックグラウンドは、何なのか?

心理テストには、「通俗心理学」という学問が
大いに関係しています。

日常生活の中で、自分や他人の考えている事・
行動などを理解・説明する際に、援用する
知識や理論です。

例えば、「アクセサリーをつけている位置で、
その人のコンプレックスがわかる」など、

その人がとった行動から、心の中の事で起きた
考えを説明づける知識、の事をいいます。

普通は、「こんな考えだから、こう行動した。」
といった順序ですよね。

しかし、通俗心理学はその逆で、特に意味の
ないような何気ない行動にでも、理由がある、
という理論です。

この通俗心理学を応用した、心理テストには、
いくつか種類があるんですよ。

心理テストの種類


心理テストといっても、様々なものがあります。
代表的なものは、

  • 矢印でつながれた図式のフローチャートを使い、
    性格を分類して、当てはめるもの。

  • ストーリー性のある状況を設定して、質問の
    答えによって、深層心理を指摘するもの。

  • 他人の何気ない言動などから、その人の本心を
    見抜く方法を教えるマニュアル的なもの。

  • 選択式の質問を並べて、各選択肢に与えられた
    点数を合計し、分類するもの。


どれも、どこかでやったような気がする
心理テストですよね。

基本的な形式に、通俗心理学を盛り込み、
内容を変え、様々な心理テストになるのです。

通俗心理学を応用すれば、簡単な心理テストを
作ることだって、できてしまうんですから。

しかし、心理テストでは、現在の事を見抜き、
未来の事には、あまり触れませんよね。

未来に関することを知りたくなるのが、人間。

「どこでもドア」だって、そんな人間の欲求の
表れじゃないのかな、と思います。

未来を不安に感じ、この先どんな行動をしたら
よいのか、何らかの指針が欲しくなる。

そんな時に頼りたくなるのが、占いです。

horoscope-signs-vector_731544-300x189


占いとは


占いとは、大きく3つに分けることができます。

  • 命(めい)
    生年月日などから、運命や宿命などを占う。

    例として、
    四柱推命・星座占い・動物占い・星占術など。

  • 卜(ぼく)
    何らかの道具を使って、出来事の行方を推察し、
    今後の決断を占う。

    例として、
    タロット占い・ジプシー占い・おみくじなど。

  • 相(そう)
    目に見えるあるもの(人相・手相・家相など)
    から、運命や吉凶を推察する占い。

    例として、
    手相占い・姓名判断・夢占い・風水など。


占いは、人生の分岐点に差し掛かった時、
よりよい未来へ続く道を選択するためのもの、
そんな解釈になります。

占いの役目と仕組み


古来より、様々な場面で、占いによって物事を
解決してきた歴史があります。

実に、ミステリアスです。

科学の発達していない時代に、占い師が、
「大嵐がやってくるぞ!」と言ったとします。

本当に大嵐がきて、予め対応できたとしたら、
人々にとって、占いはかけがえのない物に
なりますよね。

しかし占い師が、空の色・雲の様子・空気の
流れ・動物の動きなど相対的な経験から、
占いを織り交ぜて判断したなら。

占いは、神秘だけでは、成り立たないのです。

多くの経験とデーターの積み重ねと、修正の
繰り返しで、占いが発達したと考えられます。

先人の知恵や知識、占い師の経験の蓄積に
よって、占いは構築されています。

心理テストと占いについて、細かく知ると、
何を目的としているのか、見えてきますね。

自分の本心と、自分の未来なんですね。


look-at-the-futur-2_2872402-300x224

かくいう私も、手相を見てもらった事が。
3つの試練があるそうです。

1つは当たりました。
残り2つはこれからあるかもしれない・・・
ですかね。

あんまり良い暗示じゃないので、そんな事も
想定しておくか、ぐらいに考えていますが。

ひとつ言えることは、心理テストも占いも、
自分を見つめ直す機会になる、
そう思いますよ♪

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
LINEで送る

スポンサードリンク


あわせて読みたい

RETURN TOP