おいしいおはなし

大検で大学受験したい!必要なことは?

スポンサードリンク


様々な理由で、高校を卒業できなかった
という方はいらっしゃいます。

bell-488390_1280-300x200

経済的な理由や健康上の理由、
入学はしたけれど高校生活が合わなかった、
など事情は色々あると思います。

しかし、やりたい仕事は
大卒の資格が必要だったり、
大卒の方が仕事等で有利、などの理由で、

「やっぱり大学を受験したい!
という方のための道はあります。

それは、
大学受験資格検定(大検)」という制度です。

ただし、この「大検」は平成17年から、
高等学校卒業程度認定試験(高認)
という制度に変わりました。

ですので、高校を卒業できなかったけど、
これから、大学を受験する資格を取りたい方は、
この高認を受けましょう。


スポンサードリンク





大検と高認の違いは?


大検と高認の違いは、何でしょうか。

大検」から、「高認」に移行後、
変更になった点は次の通りです。

  • 家庭科が廃止
  • 選択科目の廃止
  • 英語(選択科目)の必修化
  • 義務教育を修了していなくても、
    16歳以上なら、誰でも受験可能
  • 全日制の高校に在学中でも受験可能


大検は、全日制の高校に在学中の人や、
中学校を卒業していない人は、
受験できませんでした。

それが高認に変わり、今まで大検が
受けられなくて、大学受験を諦めていた人にも、
大きく門が開かれました。

road-247305_1280-300x199

大検(高認)は受験に不利?


大検(高認)は、大学受験に不利なのでしょうか?

推薦入試が受けられないという点では、
不利だと思われます。

医学部の中には、一般入試でも面接が
ある場合がありますので、大検(高認)で
受験する理由
を聞かれるかもしれません。

その場合は、しっかりとその理由や自分の考え
伝えられれば、
結果には影響しないでしょう。

センター試験や、一般入試などの学力試験では、他の受験生との差はありません。


大検(高認)のメリット・デメリット


高校に3年間通って、卒業資格をもらうのは、
そんなに簡単なことではありません。

大検(高認)のメリットは、
取得するのに、中学~高校1年生くらいの範囲を
勉強すれば、合格する確立が高いところです。

それで大検(高認)に合格すれば、
高卒と同じ程度の学力がある、と認めてもらえ、
大学の受験資格が得られます。

そして勉強時間を、受験勉強に使えるところも
メリットでしょう。

では、デメリットはあるのでしょうか?

大検(高認)のための試験と比べ、大学受験は、
難易度が、かなり上がります。

その穴を埋めるための勉強は、簡単ではありません。

しかし、大学を受験することを目標にして、大検(高認)を
取得できた人ならば、きっと頑張れるでしょう。

高認の試験勉強


大検や高認は、
高校卒業程度の学力があるか、
を認定する試験です。

ですので、大学受験を目指す人にとって、
高認の資格を取るのはそれほど
難しくはありません。

とは言え、何から勉強すれば良いか
わからないこともありますね。

glasses-272399_12801-300x199

自分で勉強する場合は、
過去問題を解くと良いです。

試験の傾向もわかり、
効率良く勉強できるので、おすすめです。

過去問題は、ネットで無料で公開されていますし、
過去問題集も出版されています。

独学では、どう勉強すれば良いのか
わからない、という方は、
通信教育や予備校もあります。

高認取得から、大学受験までをカバーしている
予備校進学校もありますので、そちらに通うのも良いでしょう。

自分に合った勉強方法で、
頑張りましょう。


高認の願書を入手する


高認を受験することが決まったら、
願書を手に入れましょう。

しかし、願書を入手する方法には、
少し気を付けることがあるので、
詳しく説明します。

毎年、3月の終わり頃に、
文部科学省のホームページに、
年2回の試験情報が載ります。

そこに、「受験案内」の配布の時期が載っています。

この「受験案内」の中に、
出願書類も入っていますので、
これが願書になります。

受験案内の配布が終了してしまうと、
願書が入手できなくなってしまうので、
配布時期をよく確認してください。


願書の入手方法は、

  • 配布場所に直接取りに行く
  • インターネットで取り寄せる
  • テレメールで取り寄せる

の3つがあります。

直接取りにいく場合は、
願書の配布場所に取りに行きます。

願書の配布場所は、都道府県によって違いますが、
多くの場合、教育委員会の高校教育課などで
配布しています。

都道府県によっては、各市町村で配布している
場合もあるので、各都道府県の
教育委員会に問い合わせましょう。

高認試験を受けるために必要なもの


高認を受験するために、準備するものがあります。

書類が不足していると、
願書を受け付けてもらえません

早めに準備して、
試験を受けられるようにしましょう。

準備するものは、以下のとおりです。

  • 受験案内(願書)

    マークシートの部分があり、
    記入が薄いと、読み取れず、
    受理されないこともあるので、注意。

  • 履歴書

  • 受験料(収入印紙)

    願書に貼って提出します。

    郵便局や、コンビニなどで入手できますが、
    金額が大きいので、郵便局がおすすめ。
    収入印紙には消印を押さないように、注意!

  • 住民票1通または戸籍抄本(出願6ヶ月以内のもの)

  • 写真2枚(出願6ヶ月以内のもの)
    証明写真がよいでしょう。

  • 試験科目の一部免除に必要な書類
    (免除を申請する人のみ)

  • 科目合格通知書(一部科目合格者のみ)

  • 出願用の封筒

  • 特別措置申請書(希望者のみ)
    障がいや、思い病気をもち、配慮を希望する人

  • アンケート用紙(任意)
すべての必要な書類がそろったら、確認して
封筒に入れ、郵便局で「書留」での郵送を
お願いしましょう。

願書を提出したら、受験票が届くのを待ちます。

高認受験に備えて


受験の日にちの確認と、
場所の下見をしておき、
当日に臨みましょう!

受験票を忘れずに!

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
LINEで送る

スポンサードリンク


あわせて読みたい

RETURN TOP