おいしいおはなし

夏目漱石の「こころ」の名言!あなたの好きな言葉は?

スポンサードリンク


日本を代表する文豪、夏目漱石の小説には、
ハッとするような美しい表現や、
名言が、数多く登場します。

d77e0702f90c127e96fa1a48b26b3ca2_s-300x200
純粋に物語を楽しむのもいいですが、
こういった「名言」に注目しながら読むのも、
また違ったおもしろさが、ありますよね。

ここでは、夏目漱石の「こころ」の名言や、
私が好きな言葉
を、ご紹介します。


スポンサードリンク





夏目漱石の「こころ」の名言

  • 精神的に向上心のないものは馬鹿だ
    まるで、キャッチコピーのようなインパクトと、
    馬鹿」という言葉のセンスに、
    感銘を受けた」という声が、多数聞かれました。

    この言葉こそ、最も人気のある
    「こころ」の名言ではないでしょうか。

  • 恋は罪悪ですよ。わかっていますか。
    「恋は盲目」よりももっと強い、
    「恋は罪悪」という言葉に、衝撃を受けた人も
    多いのではないでしょうか。

    「こころ」を読んだ当時は、ピンとこない表現でも、
    大人になって読み返してみると、意味が何となく
    わかるようになる、名言だと思います。

  • 私は鉛のような飯を食いました。
    ご飯も喉を通らない精神状態のなか、
    平静を装いつつ、食事をする様子を、
    鉛のような飯」と、表現しています。

    ご飯を鉛に例えるとは、さすが漱石!あっぱれです。
    日常生活でも活用できそうな、名言ですよね。

  • (善人が)急に悪人に変わるんだから、恐ろしいのです。
    人間って恐い…!」と思わせる、言葉です。
    いい人が、悪い人に豹変する時ほど、
    恐ろしいことはないですよね。

    この後に、「だから油断ができないんです。
    と、続きます。現代にも通じる名言ですよね。

  • 私は死ぬ前にたった一人で好いから、
    他人(ひと)を信用して死にたいと思っている。
    あなたはそのたった一人になれますか。
    なってくれますか。


    少し長めですが、この言葉も印象深いです
    人を信じたいのに信じられない、
    もどかしい気持ちが、うまく表現されています。

    「たった一人になれますか。なってくれますか。
    という言葉の畳み掛けに、グッときます。
    まさに、名言ですね!

e3a0b071b83a215e2435f9961c274b32_s-300x200
いかがでしたか。夏目漱石の「こころ」の名言や、
私が好きな言葉を、ご紹介しました。

夏目漱石以外の小説にも言えることですが、
学生の頃に読んでいた小説を、大人になって
読み返すと、新しい発見がありますよね。

私は、最近さくらももこさんのエッセイ
読み返したのですが、学生の頃よりも、
内容に、共感できました。

きっと、著者の執筆時の年齢と、私の年齢が、
同世代になってきたからだと思います。

また、10年後20年後に読み返すと、
新たな発見がありそうで、ワクワクします。

あなたもぜひ、「こころ」をはじめとする、
名作を、読み返してみて下さいね!


スポンサードリンク


あわせて読みたい

RETURN TOP