おいしいおはなし

体育の授業!小学校では陸上でこんなことをしていた!

スポンサードリンク


近年、小学生の体力低下が、
目立ってきているようです。

その原因として考えられるのが、

  • 塾やお稽古事などの学習活動、室内遊び時間の増加
  • 空き地や生活道路といった、手軽な遊び場の減少
  • 少子化にともなう、一緒に遊ぶ仲間の減少
が体力低下につながっていると、言われています。

dbb603f4225e26f4405fc70b74b22871_s-300x200
体力低下は、深刻な問題になっていて、
スキップができない、靴ひもが結べない、
ケガをしやすい
などの、子ども達が増えています。

それにともない、小学校では、体育の指導要領を、
平成20年に改訂されたそうです。

今と昔では、指導要領が、どう変わったのか
今回は、そこに注目してみたいと思います。

スポンサードリンク




今と昔の学習指導要領の違い

文部科学省の「小学校学習指導要領」によると、

  • 目標
  • 旧指導要領
    「適切な運動の経験と身近な生活における
    健康・安全についての理解を通して、
    運動に親しませるとともに
    健康の増進と体力の向上を図り、
    楽しく明るい生活を営む態度を育てる」

    ↓ ↓

    新指導要領
    心と体を一体としてとらえ、適切な運動の経験と
    健康・安全についての理解を通して,生涯にわたって
    運動に親しむ資質や能力の基礎を育てるとともに
    健康の保持増進と体力の向上を図り,
    楽しく明るい生活を営む態度を育てる」

    健全な精神は、健全な肉体に宿る、という
    言葉があるように、

    新しい指導要領では、小学生の体育は、
    体力向上につながる、心と体の基礎作り
    中心として、改定されたみたいですね。

    具体的な授業内容

    では、実際の授業内容は、
    どう変化したかというと、

    旧指導要領
    old
    ↓ ↓

    新指導要領
    new2
    上記の表を比べてみると、
    高学年は、ほぼ変わらず、低学年・中学年
    内容が細かく分類されるようになりました。

    また、全学年通して体の基礎作り
    重点に置いているのが、わかります。

    低学年のうちから、鉄棒、跳び箱、マットなどの
    器具に慣れ親しみ、遊びを通して
    それぞれの運動・ゲームのルールを学び、

    中学年では、遊びから少し本格的な競技
    (例えば、低学年では、マットに転がるだけだったのが、
    中学年では、基本的な回転や倒立技を身につけるなど)をし、

    それに加えて、保健の知識を学ぶように変わっています。

    まとめ

    昔は、今と違って室内での遊びが少なかった
    ことと、子どもが多かったこともあって、
    自然と外で遊んで、体力をつけていたみたいですね。

    なので、体育の授業内容もそれほどまで、
    重要視されていなかったようです。

    ですが、冒頭で述べたように、時代の変化にともない、
    子どもをとりまく環境が変わったことで、
    体を動かす機会を意識的に増やして
    体力向上を図ろうとしているのですね。

    体育の授業だけでなく、保護者の方にも

    子ども達を外に遊びに連れて行くこと、
    体を動かすことを教えることを

    積極的に行ってほしいと、呼びかけられています。

    a1620_000535-300x199
    明るく元気な子ども達が増えていく、
    そんな社会になるよう、私自身もできることは、
    積極的にやっていかないといけないなと、
    今回の記事を書いていて思いました。

    [`livedoor` not found]
    [`yahoo` not found]
    [`yahoo_users` not found]
    LINEで送る

    スポンサードリンク


    あわせて読みたい

    RETURN TOP