おいしいおはなし

仏像を見に行く旅!奈良・京都を訪れるならここ!

スポンサードリンク


奈良や京都は、修学旅行などでも定番で、
観光スポットが多いですよね。

定番スポットも良いですが、この両県は、
仏像の宝庫でもあります。

statue-318783_640-300x225

興味がない人でも、実際に見ると、とても
感動しますし、少しでも知っていれば、
楽しみも、俄然増します

今回は、私が見て感動した、奈良・京都の
仏像を、ご紹介します!


スポンサードリンク





奈良・京都の仏像紹介


仏像は、信仰対象としてだけではなく、
芸術的な視点で鑑賞する事もできます。

仏像にくわしくない方でも、もちろん楽しむ事が
できますが、知っていると、違った観点
鑑賞する事ができ、仏教への興味にも繋がります。

奈良・京都には、たくさんの仏像があります。
私は、隣県に住んでいるので、子供の頃から、
良く行きました!

有名なお寺も良いけど、訪れるのが2度、3度と
なると、他の場所も見てみたくなりますよね。

奈良の仏像


奈良と言えば、皆さんが一番に思いつくのは、
東大寺の大仏様ではないでしょうか。

修学旅行でも必ず立ち寄る、奈良最大
観光名所だと思います。

18mもある、大仏様は、迫力満点ですよね。

しかし、奈良の仏像はそれだけではありません。
私の、お勧めの仏像をご紹介します。

長谷寺・本尊十一面観世音菩薩立像


木造の仏像では、日本で最も大きい
10m18㎝です。

その名の通り、11の顔を持ち、いつでも
世の中を救えるよう、全ての方向
向いて、見守っています。

普段参拝する際には、十一面観世音菩薩の
上半身しかみる事ができないので、実際の
大きさを感じる事ができません。

おすすめは、年に2回、春と夏に行われている、
特別拝観期間に行く事です。

普段は立ち入る事のできない、国宝の本堂に
入り、観音様の御足に触れる事ができます。

私も、行きました!
本堂の中に入って行くと、まず観音様の
巨大な足が目に入ります。

そして、観音様の足下から見上げると、
すごい迫力に、圧倒されますよ!

長谷寺は、ぼたんの花でも有名で、毎年4~5月に
開催される、長谷寺ぼたんまつりも開催されます。
春に行くなら、この時期がお勧めです。

近鉄大阪線長谷寺駅から、長谷寺までは
歩いて約15分です。

奈良県桜井市初瀬731-1
http://www.hasedera.or.jp/

階段が長く、大変ですが、見る価値ありです。

京都の仏像

京都は、世界中から観光客が訪れる場所ですよね。
そんな京都にも、仏像はたくさんあります。

永観堂・みかえり阿弥陀像


永観堂は、紅葉の名所として、とても
有名なので、ご存知の方も多いと思います。

この、永観堂に、平安後期~鎌倉時代初期に
作られた、振り向いた姿が、像になっている、
みかえり阿弥陀様が祀られています。

美しく、穏やかな顔は、いつ見ても、
優しい気持ちにさせてくれ、心が落ち着きます。

この永観堂には、永観堂の七不思議と呼ばれる、
言い伝えが残るスポットがあります。

入館時に貰うパンフレットに、その場所が
示されていて、探しながら進んで行くと、
また、違った楽しみ方もできるんです。

そして、最後に行き着くのが、みかえり阿弥陀像が
祀られているお堂。
阿弥陀像の、穏やかな顔立ちに、見入ってしまいます。

紅葉の時季は、大変込み合いますので、
ゆっくりと見たいなら、時季を外して行くのが
良いかもしれません。

京都駅から、市バスの5系統の「南禅寺永観堂道」
下車し、徒歩3分です。

京都市左京区永観堂町48
http://www.eikando.or.jp/

泉涌寺・楊貴妃観音像


日本一美しいと言われている、楊貴妃観音像
祀られている、泉涌寺。

絶世の美女と言われている、楊貴妃の死
偲んで、造られたと言われています。

他の仏像とは異なり、エキゾチックで、カラフルな
色彩が残る楊貴妃観音像は、美人祈願や良縁などの
ご利益があると言われており、女性に大人気です。

泉涌寺は、森林に囲まれいて、静か、そして
落ち着きがある寺院で、その他の観光地と違い、
とてもゆっくりできて、心が和みます。

私が一番好きな、京都のお寺です。
次に京都に行く時は、どこに行こう?と
考えている方には、是非お勧めです。

格式高い、御寺と、華やかで美しい楊貴妃観音は、
一見の価値ありですよ。

人気のお守りもお見逃しなく!

「京阪東福寺駅」から徒歩で20分です。
なだらかな坂道が続くので、体力に自信のない方は、
タクシーを利用するのが良いと思います。

京都市東山区泉涌寺山内町27
http://www.mitera.org/

最後に


kyoto-86927_640-300x227


最初に述べた通り、奈良・京都は仏像の
宝庫です。

一括りに、仏像と言っても、種類があり、
手の形や、持っているものなどにも、それぞれ
意味があります

本屋さんに行くと、分かりやすく解説している
仏像の本も、たくさんあるので、少しでも興味があれば、
訪れる前に読んでみると、更に楽しめますよ!

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
LINEで送る

スポンサードリンク


あわせて読みたい

RETURN TOP