おいしいおはなし

折り紙で箱?升目状に十文字に?

スポンサードリンク


折り紙では、色々と箱を折る、伝統の折り方
あります。

今回は、そんな箱も中でも、升目状の十文字に仕切られている
箱を折って行く事としましょう。

難易度としては、「難しい!」と言う様な物ではありません。
どちらかというと、多少簡単なほうだと思います。

折った箱は、升目状に仕切りがありますので、小物入れなどの
実用にも耐えうるものと云えます。

ただ、本格的に小物入れとして使うには、大きめで
厚手の丈夫な紙で作ると良いですね。


スポンサードリンク




<折り方>

普通の折り紙用紙でも構いませんが、より効率的に折っていくなら、
20cm四方以上のものが扱いやすいと思います。

さらに実用的なものを考えるならば、
和紙を用いるのも良いでしょう。

折りすじをつける作業が続きますが、慣れてきたら、
できるだけ折りすじをつけずに折ってみましょう。

box301

box302

box303

box304

box305

box306

box307

box308

box309

box310

box311

box312

box313

box314

box315

box316

box317

box318

box319

box320

box321

box322

box323

box324

box325

box326


<ポイント>

最後に、ポケットのような隙間へ角を差し込んで、
形を整える行程は、結構紙が破れやすいと思いますので、
慎重に折ってください。


<飾り方>

大きなサイズの用紙で折ると、小物入れとして
活用できるものとなるでしょう。

立ててみると『棚』にも見えるので
そのような形で飾っても面白いですね。

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
LINEで送る

スポンサードリンク


あわせて読みたい

RETURN TOP