おいしいおはなし

切り絵の作り方が簡単にできる方法はコレ!花を作ってみよう!

スポンサードリンク


切り絵をご存知でしょうか?

はさみカッターナイフで、
好きな形に紙を切り抜いて、
作品を作るのが切り絵です。

20130404120000_515cecb085fa0-300x225

折り紙や洋紙、和紙など、
いろいろな紙を切り抜くことで、
さまざまな作品が作れます。

手作りでひとつひとつ作るのが、
切り絵です。

それなので、世界に一つしかない
自分だけのオリジナル作品を、
作ることができます。

今回は、とても簡単に、
花の切り絵が出来る方法を、
ご紹介します。


スポンサードリンク





切り絵の花の作り方


用意するもの 折り紙 はさみ

you tube をみながらご紹介します。



  1. まず、折り紙を三角形に折ります。

  2. 次に、折ったところの角度と、
    残ったところの角度が、
    2:1になるように折ってください。

  3. ここがすこし難しいところです。

    目安としてはだいたい、
    70度ぐらいの角度に折ると
    良いです。

    何回か折ると,
    コツがつかめてきます。

  4. 残ったところを折り返して、
    ちょうど真ん中あたりに、
    持ってきます。

  5. さらに真ん中から、
    二つ折りにします。

  6. 下からはさみをいれて、
    数ミリ切ります。

    ゆるやかなカーブが出るように、
    切っていきます。

  7. このときのはさみの入れ方で
    花びらの形がきまります。

  8. 最後に端のとがったところを、
    すこしだけ、ななめに切り落します。

  9. 開くと桜の花の出来上がりです。

大きい折り紙よりも、
小さい折り紙の方が、
作りやすいです。

はさみを使うときは、
手を切らないように、
十分ご注意ください。

切り絵の魅力


紙を切って作る切り絵には、
ペンで書いたものとはまた違った、
良さがあります。

切り絵には、カッターや、
ハサミからできた、
「線」があります。

この線を生かして作るのが、
切り絵の持ち味です。

この線が直線になったり、
曲がったり、ギザギザ
なったりします。

そして、いろいろな作品を
生みだします。

紙の色を変えたり、
切り方を変えたり、
どこかに貼ったりします。

配置を工夫することで、
自由に、いろいろなデザインを、
することができます。

材料も、特に高価なものは、
必要ありません。

ハサミやカッター、のり、
折り紙や厚紙など、
どこにでもあるもので大丈夫です。

ときには、おしゃれな包装紙
使っても、楽しく作ることが
できます。

時々、切りすぎたり、曲がったりして
意外な形になっても、それはそれで、
手作りの良さだといえます。

カードに貼って、
贈り物にしても素敵です。

まとめ


ちょっと不器用な私も、
切り絵に挑戦してみました。

最初はちょっと切りすぎたり
カーブの線がなめらかにならなかったり
して、失敗しました。

しかし、割と簡単に、
桜の花を作ることができました。

コツコツ集中してできるのが、
切り絵の良さです。

きれいに作れると楽しくなって、
次から次へと作ってしまいました。

今度はもっと、
難しい形に挑戦してみようと、
思います。

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
LINEで送る

スポンサードリンク


あわせて読みたい

RETURN TOP