おいしいおはなし

子どもの頭のたんこぶを冷やす方法!冷やした後はどうする?

スポンサードリンク


こどもたちは、とてもやんちゃですね。
いろいろな所を走り回り、いろいろな怪我をします。
その中には、頭をいろいろな所に打つかも。

床に・壁に・何かの角っこに「ゴツン。」
よくあることです。

040662-300x250
でも、頭は体の中でも、大切な部分ですので、
少し、怖いことところもあります。
死につながることも、あるので。

多くの人は、子どもの頭にたんこぶができると、
その患部を、冷やしますよね?
少しでも、早くたんこぶを治したいと思います。

では、
一番効果的な冷やし方は、何でしょうか?
どのくらい冷やしたら、良いのでしょうか?

なぜ、たんこぶを冷やした方が、良いのでしょうか?
「温める」という方法は、どうですか?

これらの質問の答えを、ご紹介します。


スポンサードリンク





たんこぶができたときの対処法


【たんこぶの冷やし方と時間】

たんこぶの冷やし方ですが、凍傷にならない程度に、
氷・濡れたキレイなタオル・熱さまシートなどで、
たんこぶを、冷やしましょう

氷や濡れタオルで、冷やす時間ですが、
10~15分冷やし、少し時間をおいて、
もう一度冷やすというのを、何度かする
と、効果的です

「時間がたってから冷やす」ではあまり効果がありません。
すぐにたんこぶを、冷やしましょう。

【冷やした後にすること】

たんこぶを十分に冷やしたあとですが、
最低6時間は子どもを、安静にさせるのが、良いです。

室内で、「絵本を読み聞かせる」とか、
「お絵かきをさせる」などして、
子どもを、安静にさせましょう。

ここで、じっくり子どもの様子を見ましょう。

  • 子どもの意識は、はっきりしていますか?
  • 動作はどうですか?
  • 吐き気や猛烈な頭の痛みは、ありませんか?
たんこぶぐらいで、病院に?とも思うかもしれませんが、
子どもがすぐに元気になっても、数時間後に、

悪くなる場合もあるので、夜でも、子どもの様子を、
気にかけて、心配な場合は、病院に相談を。

087592-300x225
たんこぶに外傷がある場合も、
わたしは、子どもと病院へ行きます。

【なぜ「たんこぶ」は冷やした方がよいか】

たんこぶを冷やした方が、よい理由は、
出血を止める・痛みを和らげるというものです。

頭を打って、内出血し、行き場のない血液や、
リンパ液が、頭蓋骨の外にたまり腫れています。
それを抑えるため、鎮めるため、冷やします。

【たんこぶを温めるのはどう?】

では、温めるという方法は、どうでしょうか?
頭を打った直後などは、冷やすのが鉄則です。

しかし、たんこぶができて、かなり日にちが経つのに、
なくならない場合は、そのあざを無くすため
温めると、なくなるようです。

まとめ


「たんこぶ」といっても、頭ですから、
大丈夫か、不安になります。

まずは、すぐに冷やして、子供を落ち着かせる。
ここまでは、皆さんも、同じだと思うのですが、

子供が小さいうちは、ホントに心配ですよね。
でも、病院に行く程では・・・・
でも、心配・・・・・

と、悩むのであれば、電話で相談してみると、
最適な対処を教えてくれて、親も安心出来ますよ。

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
LINEで送る

スポンサードリンク


あわせて読みたい

RETURN TOP