おいしいおはなし

スーパーで子供が騒ぐのをやめさせたい!買物ストレスを減らすコツ♪

スポンサードリンク


庭のお手入れを、していると、
道の向こうから、

ご近所のAさんが、
大泣きしている、お子さんの手を引いて
こちらへの方へ、歩いていらっしゃいます。

よく見ると、Aさんも今にも泣き出しそう
表情をしています。

差し出がましいかとも、思いましたが、

「こんにちは。Aさん、顔色が良くないみたい。
 ウチで少し、休んでいかれませんか?」
と声をかけて、しまいました。

tatemono_supermarket-300x187

坊やは、冷たいジュースを飲んで
すっかり機嫌が、直った様子

Aさんは少し、落ち着いたのか、
「ダメママの私に、お叱りとアドバイス
 頂けませんか?」と言って

今しがた、近所のスーパーで起こったことを、
話し始めました。


スポンサードリンク





子連れのお買物の悩み

まもなく2歳になる息子は、買い物に行くと、
カートを嫌がり、歩きたがります。

それでも、無理やり抱っこして
買い物を、済ませていますが、
暴れるので、本当に疲れてしまいます。

今日もいつも通り、息子が
店の商品のお菓子を、持って走り回り
離そうとしません。

お店の物を、勝手に取ってはダメよ
と言ってる間に、息子が商品を
落としてしまいました。

私も毎度のことに、
イライラしていたのですが、
その場にいた、年配のご夫婦に

「子供を店で、騒がせるなんて!」
「店の商品を、勝手に子供に触らせるなんて!」
怒られてしまいました。

恥ずかしさで、頭が真っ白になり
「すみません」と
逃げるように、店を出てしまいました。

非常識な行いだったと、
恥ずかしさで、胸が一杯になり

店を出たところで、子供を
ひどく叱って、しまいました。

cry_boy-258x300

いま、自己嫌悪でどうしていいか
分かりません。

「そうだったの。それは、大変だったね。
 まずは、深呼吸して落ち着いてから、
 どうしたらよいか、考えてみましょうね。」

小さいお子さんを持つ、ママの皆さん、
お買い物、本当に大変ですよね。

私も子育て経験者として、
子供が小さい頃、本当に苦労したことを
思い出します。

特に子供が、二人とも小さい時は、
一人を抱っこしている間に、

もう一人が、どこかへ行っちゃったり、
当然、カートに大人しく座ってなんか
くれません。

子どもには、グズって泣かれ
周囲からは、迷惑がられて、

本当に、困り果ててしまうことも
度々でした。

asobi_onigokko-300x257

そんなときに、私やお友達ママ達がやっていた
子連れでうまく、買物するための工夫を、
紹介してみたいと、思います。

まず、子連れでスーパーに行く際に、
基本的に、気をつけておきたいこと
挙げてみます。

子連れ買物のポイント

子供と一緒に、買い物に行く場合、
お店にいる時間が、長引くほど、
苦労が増えますので、

あらかじめ購入するものの
目星をつけておくこと、等の工夫を
お勧めします。

買う物をメモして行く

 「考えながら、買い物する時間はありません。」


スーパーに入る前に、コースを決める

 「最短コースで、一筆書きになるように
  棚を移動します。」


小さいスーパーに行く

 「大きいスーパーは、
  棚が多く、移動距離が長くなります。」


支払いはカードで、マイカゴを利用

 「袋詰めの手間と、目を離す時間の短縮のため。」


落とした商品は買う

 「触らないように、気をつけるのは当然ですが、
  万一の場合は、お店や他のお客さんの迷惑に
  ならないよう、原則購入します。」


お客さんの少ない時間帯に行く

 「少しでも、迷惑をかける人を減らすためです。

  逆に、先に公園で遊ばせるなどして、
  子供が眠くなる時間を狙い、

  寝たら抱っこで、買い物をして回るとかも
  賢いやり方ですね。」


ご主人の協力を仰ぐ

 「ご主人の帰宅時に、買物してきてもらうとか、
  スーパーは、ご主人がいらっしゃる休日限定にして、
  一週間分まとめ買いしたりも、助かりますね。」


急がない商品はネットスーパや、個配で注文

 「そもそも、スーパーで暴れると
  分かっているのですから、

  子供の聞き分けが、よくなる年齢に達するまで、
  買い物には、連れていかないという
  選択肢もあります。

  1週間分まとめて、ネットスーパーのサービス
  生協の宅配を、利用する人も多いです。

  その際も、途中で買い足ししなくて、済むように
  宅配で多めに取るとか、

  逆に、家にある物で料理する、
  などの工夫も、考えてみましょう。」


「そうは言っても、どうしても買物しなければ
 ならない場合も、あるでしょう。

 続けて、子供がスーパーで、
 騒がないようにする、工夫について、
 紹介してみるわね。」

子供を騒がせないための工夫

これについては、「買物に出かける前」、
買い物中」、「買物が終わった後」の
3段階に分けて、考えてみます。

買物に出かける前

まず大切なのは、子供と買物の『約束』
決めておくこと。

お店で騒いだ場合、どうするか
確認させておきます。

買物に出かける前に、

「今からお買い物に行きます。
 騒いだり、走ったりしたら、
 すぐに抱っこ紐を、しますよ。」

としっかり、目の高さを合わせて伝え、
約束させます。

さらに、もう一度、スーパーに入る前に
走らないことと、ちゃんと静かにする事を確認し、

手をつなぐか、抱っこか、カートかを
子供に選ばせます

もちろん最初から、そんなに上手くいきません。

子供が、逃げ出そうとしたら、
「約束したよね?出来ないなら、抱っこ紐だよ。」
強制的に、抱っこします。

もし、他のお客さんに、迷惑になるほど
大泣きした場合、スーパーの外に出て、

目の高さを合わせて、相談します。
「静かに抱っこでお買い物か、強制帰宅か。」

決して、イライラと子供を叱ったりせずに、
『約束』と『相談』をして、
子供に理解させること。

shitsuke-300x274

小さい子だと、すぐにできるようには
なりませんが、根気強くやっていれば
いずれ、理解してくれるものです。

買い物中

子供は、ヒマなのが苦手です。
そのうえ、スーパーには、
興味をひきつける、商品がたくさん。

騒ぎたくなる気持ちも、分かりますよね。

そんな子供には、お買物を手伝って
もらう
のも、いいと思います。

「タマネギどこかな。
 カゴに入れてくれる?」

「大好きなカレーに、
 どんなお野菜を、入れようかな?」

など、役割や考える時間を、与えてあげると、
子どもは興味津々で、騒ぐ時間も減ります。

「私のお友達は、子供にも買い物を
 させていました。

 買い物に行く前に、チラシを見て
 買いたい物を、何点かハサミで切り抜き、
 紙に貼って
おきます。

 スーパーでは、子供に紙に貼った商品を
 カゴに入れてもらい、

 『自分も買い物を、してるんだ』と
 満足させるのです。

 そして帰るときも、ちゃんと子供用の
 買い物袋
を、持ってもらって
 帰っていましたよ。」

買い物が終わったら

約束がキチンと守れたら、
ちゃんと褒めて、あげましょう。

「今日は○チャンが、お利口にしてくれたから、
 気持ちよくお買い物ができて、助かったわ。」

「お手伝いしてくれて、ありがとう。」

「楽しかったね。又、一緒にお買物しようね。」

などの感謝の言葉を、子どもにかけてあげましょう。
ママに褒められるのは、子供にとって嬉しいもの。

『約束』を守ったことを、
ママが「ありがとう」と、認めてくれれば、

次も頑張ろうという、モチベーション
にも繋がります。


終わりに

一生懸命、子育てしているのに、
他人様に注意されたら、
非難された気がして、ショックですよね。

子供は、言い聞かせ続ければ、
だんだん、分かってきますよ。

どうせ分からせるなら、早い方が
親も子もラクです。

初めからあきらめて、放置していたら
状況は好転しません

行儀良く買い物に、ついてこれられる
ようになる頃には、

ママより友達優先で
買い物にナンカ、一緒に来なくなったり
するものです。

今だけの苦労です。
どうぞ、応援していますよ。

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
LINEで送る

スポンサードリンク


あわせて読みたい

RETURN TOP