おいしいおはなし

温泉は疲れるだけ?疲れがとれる温泉の入り方!

スポンサードリンク


私は、温泉が大好きです!
温泉に入ると、体がポカポカと温まって、
疲れがとれる感じがしますよね。

特に、露天風呂が好きです。
開放的な気分になり、心までリラックスできます。

b1f98d057ac1a365ea1e33b7bd68970c_s-300x231

でも、友人は
「温泉に入ると、余計に疲れるだけ
と、話していました。

この違いは、どこからくるのでしょうか?
疲れがとれる温泉の入り方について、
私の経験と、調べてみた情報をもとに、ご紹介します!


スポンサードリンク





温泉は疲れるだけ?

ネットでの書き込みを見ていると、
温泉は疲れるだけ」といった意見が、
意外にも多く、驚きました。

それは、なぜなのでしょうか?
どうやら、温泉の入り方に問題があるようです。
詳しくご紹介します。

温泉のNG行動

  1. 何度も入る
    「せっかく温泉に来たから」といって、
    一日に何度も入浴するのは、実はNGです。
    多くても、入浴は一日に三回までにしましょう。

  2. 長時間入浴する
    温泉のお湯は温度が高いので、
    長時間の入浴は、体に負担がかかります。
    普段は長風呂の人も、30分以内に上がりましょう。

  3. 食事の前後に入浴する
    空腹時や満腹時の入浴は、いずれも
    体への負担が大きく、気分が悪くなりやすいです。
    飲酒後の入浴も、できるだけ避けましょう。

疲れがとれる温泉の入り方

  1. かけ湯とかぶり湯をする
    温泉に入ったら、まずはかけ湯
    次にかぶり湯をして、徐々に体を
    温泉の温度にならしていきましょう。

    また、最初の入浴は5分程度に留めて、
    一旦上がって休憩することで、
    温泉による「湯疲れ」を、防ぐことができます。

  2. 疲れをとるには睡眠が大切
    睡眠不足の時に温泉に入ると、
    具合が悪くなることがあります。
    温泉は、体調のよい時に入りましょう。

    また、温泉に入った後に
    眠ることで、体の疲れがとれやすくなります。
    入浴後は、十分な睡眠をとりましょう。

  3. 水分補給を忘れずに
    入浴中はたくさん汗をかくので、
    入浴前に、コップ1~2杯の水を飲んで、
    水分補給をしましょう。

    入浴後も、しっかりと水分補給をして、
    体を休ませることが、大切です。
f72a6f213590ac22f169df7767efbc87_s-300x225

まとめ

いかがでしたか。温泉で疲れるNG行動と、
疲れがとれる温泉の入り方について、
ご紹介しました。

温泉は、ただ入れば疲れがとれるという
ものではなくて、

温泉と一緒に、たっぷりと睡眠をとったり、
水分補給を行うことで、疲れがとれやすく
なるということが、わかりました。

私も、泊まりで温泉旅行に行った際には、
何度も入浴を繰り返していたので、
次から、気をつけようと思います!

温泉は疲れるだけと思っている人は、
ご紹介した内容を参考に、
温泉の入り方を、見直してみて下さいね!

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
LINEで送る

スポンサードリンク


あわせて読みたい

RETURN TOP