おいしいおはなし

子供の薬の飲ませ方!嫌がらない方法はコレ!

スポンサードリンク


子供はを飲むのを、嫌がることがありますよね。
なかなか薬を飲んでくれないと、病気の治りが
遅くなって、悪循環です。

b578ed8844b706627041f6958880c33f_s1-300x200

薬は、本当はそのまま飲むのが一番手っ取り早く、
効果も期待できる
のでオススメなのですが、
どうしても薬が飲めない子供もいます。

特に子供に飲ませにくいのは、粉薬ですよね。
ここでは、子供が嫌がらない薬の飲ませ方を、
ご紹介します。


スポンサードリンク





少量の水で丸める

まず、お母さんの手を洗って清潔にして、
少量の水を手にとります。

手のひらで粉薬と水を混ぜて、ペースト状にします。
混ざったら丸めて、子供の口に入れて、
水やミルクを流し込んで、飲み込ませます。

子供の口に入れる時、舌につけると味を感じて
吐き出してしまうことがあるので、
上あご頬の内側に、つけるようにしてください。

また、水が多すぎると薬の量が増えてしまい、
何度かに分けて、飲み込むことになります。

これでは余計に飲みにくくなりますので、
少量の水で、ペースト状にすることを、
心がけてみてくださいね。


粉薬をまとめる工程が、
動画でわかりやすく紹介されています!

薬は、飲ませる直前に水と混ぜるようにしましょう。
長い間おくと、変質したり、薬の効果が薄まることがあります。

ジュースと混ぜて冷凍する

子供の好きな、甘いジュースと薬を混ぜて、
冷凍して、シャーベット状にする方法です。
すると、嫌がらずに飲んでくれます。

子供は、アイスやシャーベットなどの、
冷たいデザートが、大好きですよね。

また、冷やすことで、味覚が鈍感になり、
薬の苦味を感じにくくなるという、効果もあります。

ジュース以外にも、プリンチョコレートなど、
味が濃くて甘いものを組み合わせると、
子供も嫌がらずに、飲んでくれやすいです。


俺の好きなアイスか?」と、薬を嫌がらずに飲む
子供の表情が、何ともいえずカワイイ動画です。

注意したいのは、薬の種類によって、
混ぜてはいけないものや、逆に苦味が増す薬があることです。
事前に、病院で確認するようにしましょう。

また、ミルクやお米、うどんなどの主食には、
薬を混ぜないようにしましょう。
薬のせいで、これらの主食を嫌がり、食べなくなることがあります。

最後に

いかがでしたか。
子供が嫌がらない薬の飲ませ方を、ご紹介しました。

私は、今まで子供に薬を飲ませる時には、
嫌がっても、無理やりそのまま飲ませていました。

子供が泣きながら、薬を飲む姿を見るのは、
親としても辛いです。

それに、吐き出してしまうので、結局ほとんど
飲めていない…
ということも、多々ありました。

今度薬を飲ませる時は、今回紹介したような
方法を、試してみようと思います!

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
LINEで送る

スポンサードリンク


あわせて読みたい

RETURN TOP