おいしいおはなし

卵の栄養!身体への効果はこんなに?

スポンサードリンク


私たちが、毎日のように食べている
わが家の冷蔵庫にも、いつもストックして
あります。

058524-300x235
なんとなく「たんぱく質を手軽に取れる食材」
という程度にしか、思っていなかった卵に、
実はすばらしい栄養効果が、あるらしいのです。

卵には、どんな栄養があり、食べると
身体にどんな効果があるのでしょう。

さっそく、調べてみました!


スポンサードリンク






卵の栄養

私たちが食べている「卵」といえば、ご存知の
とおり、鶏の卵

重さは約50g(Sサイズ)から60g(Mサイズ)。
70g以上(L~LLサイズ)のものもあります。

卵にはこんな栄養素が含まれています。

  • たんぱく質

  • 脂質

  • ミネラル(リン、カルシウム、鉄分など)

  • ビタミン(A・B1・B2・D・Eなど)

また、卵のたんぱく質には、必須アミノ酸
特に卵黄に多く含まれています。

必須アミノ酸とは、必要な量を体内で、
合成できないため、食べ物から摂らなければ、
不足
してしまう、アミノ酸のことです。

必須アミノ酸には、イソロイシン、バリン、
トリプトファン、メチオニン等があります。

卵黄の脂肪に多く含まれる、「リン脂質」には、
レシチンに含まれる、コリン等があります。




egg-158623_640-243x300

卵を食べる効果

栄養豊富な卵。では、卵を食べると、身体に
どんな良い効果が期待できるのでしょうか。

  • ビタミン、ミネラル類の効果

    …身体の調子を整える様々な効果がある
    ビタミン類。卵には、病気の予防美容のために、
    欠かせないビタミンが、7種類も含まれています。

    ビタミンA、B2、B6、B12、D、E、葉酸

    また、カルシウム等のミネラルも、5種類
    含まれます。

    カルシウム、マグネシウム、リン、亜鉛、鉄

    ビタミンCこそ含まれませんが、卵が、
    完全栄養食などといわれるゆえんです。


  • 必須アミノ酸の効果

    …必須アミノ酸は、コラーゲンの原料。
    ハリのある美しい肌を作る効果があります。

  • メチオニンの効果

    …肝機能を高め、コレステロールを下げ、
    活性酸素を除去する働きがあります。

    老化防止の効果があるといわれています。

  • コリンの効果

    …脳の神経伝達が活発になり、記憶、学習能力が、
    高まる効果があるといわれています。

    アルツハイマーや認知症の予防、改善効果を
    期待されています。

    また、コリンには脂肪の分解を助ける働きがあり、
    メタボリックシンドローム、動脈硬化を
    防ぐために、必用な栄養素です。

卵のコレステロール

「卵を毎日食べると、コレステロール
取りすぎになるのでは?」

そんな心配をする方が、いるかもしれません。
コレステロールは、以下のように人の身体に
不可欠なものです。

  • 細胞膜や神経組織の主成分

  • ホルモンの原料

  • 脂肪の消化を助ける

  • ビタミンの吸収を助ける

コレステロールは、できるだけ摂らないようにするべき
ものではなく、程よく摂る必要がある
ものなのです。

毎日1~2個の卵を食べることで、コレステロールの
摂りすぎになることは、ないと考えられます。

ただし、体質、持病、服用中の薬によっては、
卵を食べることを、制限しなければならない
場合があります。

医師の指示に従って下さい。


最後に

季節を問わず、どんなスーパーやコンビニエンスストアにも
売っていて、買い求めやすい卵

料理方法が多く、毎日食べても飽きないのも
いいところ。野菜や肉、魚……何とでも、よく合います。

こんな身近な食材に、健康や美容に
効果的な成分が、たっぷり含まれているのですね。

利用しない手はありません!

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
LINEで送る

スポンサードリンク


あわせて読みたい

RETURN TOP