おいしいおはなし

ヨガの呼吸方法!鼻呼吸で健康になる!

スポンサードリンク


yoga-263679_640-199x300 美容健康の目的で、ヨガを始める人は、
たくさんいると思います。

始めたばかりの方から良く聞くのが、
呼吸法が難しいという意見です。

私も、最初はポーズをとるのに必死で、
呼吸を気にする余裕がありませんでした…

ですので、最初は、うまくできなくても
大丈夫です。

苦しい姿勢だと、呼吸を止めてしまいがちですが、
呼吸を止めないよう、それだけは、意識して
やってみましょう。

徐々になれてくれば、自然に
できると思うので、最初は、呼吸をする事
意識しましょう!

今回は、ヨガでの鼻呼吸と、その練習方法
について、ご説明します。


スポンサードリンク





鼻呼吸


ヨガは、鼻で呼吸をするのは、多くの方が
ご存知だと思います。
鼻で吸って、鼻から息をはきます。

ヨガの呼吸法は、何種類もあり、鼻で吸って、
口から吐く呼吸法(ピラティスなど)もありますが、
一般的に、ヨガは鼻呼吸で行います。

  • 鼻呼吸のメリット


  • 鼻呼吸は、鼻毛がフィルターとなり、
    空気中の埃やゴミを取ってくれます

    空気が鼻膣を通る事で、空気に湿気が加わり
    肺にちょうど良い温度の空気を送る事ができる、
    などの理由があります。

    鼻で息を吐く時も、同様に、
    呼気の量が調節できるなどの
    メリットがあります。


ただ、風邪をひいて、鼻が詰まっていたり、
鼻炎などで、鼻で息をするのが、辛い場合は、
口で呼吸しても、問題ありません。

重要なのは、ポーズをとっている間も、
正しく呼吸をする、ということです。

ヨガを始めると、鼻の通りが良くなって、
自然と鼻呼吸できるようになったりする事も
ありますので、まずは続けましょう

ヨガは、ポーズによって変わる事もありますが、
一般的に腹式呼吸で行います。

腹式呼吸では、ゆっくりと深く
酸素を取り込みます。

それにより、副交感神経が刺激され
身体をリラックスさせ、免疫力アップや、
ストレス軽減などの効果が得られます。


腹式呼吸の方法



鼻から息を吸い鼻からゆっくり息を吐きます。
最初は、仰向けになって、練習してみると
良いと思います。

腹式呼吸の方法

腹式呼吸は、横隔膜を使って、お腹を動かします。

お腹の動きが分かるように、おへその下
手をのせます。

鼻からゆっくり息を吸い、お腹を膨らませます

そこから、お腹から空気を押し出す感じで、
へこませながら、ゆっくりと鼻から息を吐きます。

息を吐ききってお腹がへこんだら、
お腹の力を緩めます
そうすると、また自然に空気が入ってきます。


これを、何度か練習し、実際にヨガを
する時にも、意識して行います


yoga-309782_640-281x300


片鼻呼吸の効果


ヨガの呼吸法の1つに、片鼻ずつ
呼吸する方法があります。

左右の鼻には、それぞれに違う効果があり、
交互に呼吸する事で、自律神経のバランス
整えてくれます。

  • 右の鼻

  • 身体を温める
    体内に活力を与え元気にする

  • 左の鼻

  • 身体を冷やす
    心をリラックスさせる


片鼻呼吸のやり方

楽な姿勢で座り、背筋を伸ばして、
右手の親指で右の鼻人差し指で左の鼻を交互に
押さえて、呼吸していきます。

まず、両方の鼻で、息を吐ききり、その後に
親指で、右の鼻を塞ぎ、左の鼻から息を吸います

吸いきったら、人差し指で左鼻をおさえ
右の鼻から息を吐きます

吐ききったら、今度は、右の鼻から息を吸い、
左の鼻から息を吐きます。

これを、何度か繰り返します。
呼吸は、腹式呼吸で行って下さいね。

ヨガの時だけではなく、鼻呼吸は、
普段の生活でも、きれいになる為には
かかせません

まずは、続ける事が大切です。
慣れるまでは意識して、練習してくださいね。

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
LINEで送る

スポンサードリンク


あわせて読みたい

RETURN TOP