おいしいおはなし

夏野菜カレーの作り方!市販のルーで超簡単!

スポンサードリンク


vegetables-226167_640-300x225
野菜は一年中スーパーで見ることが出来ますが、やっぱり旬の季節野菜は味が全然違いますよね。

季節の野菜にはその時期の体が欲している成分が入っています。

夏には夏野菜をたくさん食べたいですね。

そこでたっぷり野菜がとれる市販のカレールーを使った、
簡単夏野菜のカレーをご紹介したいと思います。


スポンサードリンク







夏野菜ゴロゴロカレー

野菜を大きめにカットするのがポイントです。

野菜を食べていると実感できますよ。

[材料] 分量は市販のカレールーを参考にします

  • お好みの夏野菜 
  •  かぼちゃ、なす、ピーマン、トマト、パプリカ、ズッキーニ、オクラなど

  • 定番野菜
  •  玉ねぎ、にんじん、じゃがいも


  •  牛肉、豚肉、鶏もも肉、骨付き鶏肉などお好みのもの

  • その他
  •  しょうが、にんにく、ウスターソースとケチャップはお好みで



[作り方] 市販のカレールーと同じです
1. 材料を切る

 ・定番野菜は一口大より少し大きめにカット
 ・しょうが、にんにくはみじん切り
 ・肉は食べやすい大きさ
 ・夏野菜は、少し大きめにカットします。
  焼いて焦げ目をつけるので、
  大きい方が焼くときに扱いやすいかもしれません。
  かぼちゃは火が通りにくいので、
  先に電子レンジで少し柔らかくしておきます。
  オクラは軽く塩ゆで。

2. ルーを作る

 ・サラダ油、にんにく、しょうがをフライパンに入れて弱火にかけます。
  この時焦げないように注意します。

  にんにくの香りがでてきたら、肉を入れて炒めます。
  定番野菜を入れます。

  火が通ったら、水を加え柔らかくなるまで煮込む。
  途中でアクをとりましょう

  具材が柔らかくなったら、
  火を止めてカレールーを入れます。

  ルーが溶けたら再び火をつけて、
  お好みでウスターソースやケチャップを入れてもいいですね。

spices-73776_640-300x225

3. 夏野菜の準備

  カットした夏野菜は、
  軽く焦げ目をつけたほうが美味しくいただけます。

  次の3通りから好きなやり方で、野菜を焼きます。
 
     ・油をしいたフライパンで焼く
     ・野菜に油を少し塗って、グリルで焼く
     ・油で素揚げする 

4. 盛り付け

  カレールーが出来上がったら、
  ご飯とカレーをお皿に盛ります。

  夏野菜をルーの上に盛り付けて
  夏野菜カレーの出来上がりです。

夏野菜は特に焦げ目をつけなくても、
ルーの仕上がり前に鍋に入れても大丈夫です。

ただ煮込み過ぎない方がいいと思います。

カレーには福神漬けやらっきょうを添えるのが定番ですが、
レーズンをトッピングするのがおススメですよ。

またご飯はサフランライスにしても見た目がきれいです。

サフランライスの作り方は超簡単!

サフランを水につけて色を出してから、
一緒にお米に加えて炊くだけです

夏野菜カレーをもっと美味しそうに演出してくれます。

tomatoes-264967_640-300x225

最近は家庭菜園をしている人も多いですよね。

トマトやピーマンなどの夏野菜は
プランターでも手軽に栽培できちゃいます。

おいしい野菜が収穫できたら、
その新鮮な夏野菜を使ったカレーなんてどうでしょうか?

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
LINEで送る

スポンサードリンク


あわせて読みたい

RETURN TOP