おいしいおはなし

ふぐ鍋!もっと美味しい食べ方って!?

スポンサードリンク


ふぐは食いたし命は惜しし…。

命と天秤にかけられるほど、
昔の人をとりこにした、ふぐ

その美味しさは、現代にあっても変わることなく、
今なお人気を誇る食材です。

食べ方としては、鍋・刺身・から揚げなど、
様々な料理法があるのですが、その中でも、
無限の可能性を秘めているのが、です。

スタンダードなふぐ鍋が美味しいのはもちろんですが、
オリジナルなふぐ鍋を楽しんでいる方も、
多いよう。

どんなものがあるのか、見てみましょう。


スポンサードリンク




基本の基本、のふぐ鍋


まずは、基本の作り方をおさらい。

おいしいふぐ鍋の作り方



昆布で出汁をとり、その中に野菜と一緒に、
ふぐを入れ、ポン酢で食べる。

締めは、ふぐの旨味が染み出た出汁の中に、
ご飯を入れ、卵でとじて、ふぐ雑炊

あっさりしながらも、ふぐの旨味が十分に堪能できる、
間違いない美味しさです。

勿論、これでも十分満足できるのですが、
他にもこんな食べ方が、あるみたいですよ。


つけダレで自分好みを追求!


ポン酢にもみじおろし、というのが、
ふぐ鍋の定番つけだれ。

ちょっと味を変えたいな、と思った時、
こんなつけだれはいかがでしょう。


超簡単!味噌ポン酢

ふぐ鍋の出汁を器に入れ、味噌とポン酢を、
好みの割合で混ぜ合わせる。

酸味の中にまろやかさがあって、
コクが出ます。

小振りの器に、少し味噌を盛って、
食卓に出すだけで、OK!


ちょっとひと手間!スパイシーつけだれ

    材料
  • 白ネギ     1/3本  
  •    
  • 鰹節      適量(少し多めがオススメ)
  • ポン酢     80cc
  • カレー粉    小さじ2
  • みりん     小さじ1
  • しょう油    小さじ1
  • おろしショウガ 小さじ1
  • 一味唐辛子(七味でも可)小さじ半


作り方
    1. ネギをみじん切りにし、鰹節と一緒に、
      タレの容器に入れておく。
    2. 残りの材料を全て小鍋に入れ、良く混ぜながら、
      沸騰直前まで中火で加熱する。
    3. 沸騰しそうになったら、火を弱火にし、
      2分ほどやさしくかき混ぜる。
    4. ネギと鰹節の入ったタレの容器に入れて、
      良く混ぜる。
淡泊な味のふぐに、スパイシーなつけだれが、
意外にマッチ!

このつけだれに、ふぐ鍋の出汁と、
ご飯を入れると、雑炊風になって、
これもまたクセになる味です。

032694-300x225

こんなふぐ鍋も試す価値あり


つけだれではなく、鍋のだしそのものをアレンジ

ふぐチゲ

作り方
    1. 昆布や鰹、いりこなどで出汁を取り、
      コチュジャンを加える。
      市販の、チゲ鍋の素を使用すると、更にお手軽。
    2. ふぐ、お好みの野菜、豆腐など、
      好きなものを入れていく。
    3. 締めは卵を落として雑炊に。
  
日本でも鍋料理の定番に仲間入りしたともいえる、
チゲ
ふぐを入れても、勿論美味しいんです!

ふぐの旨味と唐辛子の辛さを、まろやかな卵
が包んで、何とも言えぬ美味しさになります。


ふぐ鍋白みそ仕立て

作り方
    1. 昆布だしに、白みそを溶き入れ、
      ふぐと野菜を入れていく。
    2. 器に取り分け、刻みネギやおろししょうがなど、
      薬味を入れ、お好みで粉山椒 をふる。

ふぐの本場、下関などでよく食べられている、
食べ方です。


ふぐの身と、ふぐの出汁。
この最高の素材を、貴方ならどう生かしますか

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
LINEで送る

スポンサードリンク


あわせて読みたい

RETURN TOP