おいしいおはなし

じゃがいもの栄養とは?効果は多彩♪

スポンサードリンク


jagaimo_hori-282x300 じゃがいも、大・大・大好きです!
美味しいし、使い勝手がよく便利ですね。

暖かい地域では、年に2回収穫できるじゃがいも。

栽培にも手がかからなく、強くたくましい植物です。

私も、早春にじゃがいもの種芋を植え、初夏の収穫を毎年、楽しみにしています。

掘りたての新じゃが!食べたこと、ありますか?

蒸かして、あつあつを塩で食す!

じゃがいも、そのものの味を楽しみたくて、家族総出で
汗を流し収穫した後に、じゃがいもにかぶりつく!

そんなじゃがいも、1年を通して様々な料理に姿を変え、
私たちの食卓に、胃袋におさまっていきますね。

みんなが大好きなじゃがいも、何気なく食べてますが、
どんな栄養が含まれているのでしょう?


スポンサードリンク





じゃがいもは栄養の宝庫!

じゃがいもには、様々な栄養が詰まっています。
あの芋の中に、どんなパワーを蓄えているのでしょうか?

じゃがいも100gのカロリーは、76kcalです。
主に含まれている栄養素は、

■ビタミン類
ビタミンC 36mg
ビタミンB1 0.09mg
ビタミンB2 0.03mg
ビタミンB6 0.18mg
葉酸 21μg
パントテン酸 0.47mg

■ミネラル類
カリウム 410mg
マグネシウム 20mg
カルシウム 3mg
ナトリウム 1mg
鉄分 0.4mg
亜鉛 0.2mg

■食物繊維
水溶性食物繊維 0.6g
不溶性食物繊維 0.7g

実に、多岐にわたる豊富な栄養素ですね!

さて、この栄養素は、私たちの体にどんな作用
もたらすのでしょう?



じゃがいもの栄養がもたらす効果


豊富な栄養素を含むじゃがいもですが、特に優れた
効果をもつ、注目の栄養素をピックアップします!

ビタミンC


じゃがいもに多く含まれているビタミンCですが、
なんと、みかんに負けないほどなのですよ!

本来、ビタミンCとは、水と熱に弱い栄養素です。

しかし、じゃがいものビタミンCは、非常に熱に強く、
煮たり焼いたり、と加熱しても壊れにくいのが特長です。

じゃがいもに含まれる豊富なでんぷんが、加熱から
ビタミンCを守ります。

ビタミンCって、どんな働きをするものなのでしょう?

【美容効果】
  • シミ・ソバカスの予防・改善
  • コラーゲンの生成を助ける
  • ニキビ・吹き出物の予防・改善
などに、効果があると言われています。

【免疫力アップ】
  • 風邪など病気の予防
  • 抗ストレス作用
  • 抗ウイルス作用
  • 貧血予防
などに、効果があると言われています。

【アンチエイジング】
  • 抗酸化作用により活性酸素を抑える
  • 老化による血管・神経の強化
  • 白内障の予防
  • 心臓血管系の病気予防
などに、効果があると言われています。

ビタミンCを、積極的に摂取したくなりますね!

カリウム


じゃがいもは、カリウム含有量の多さから、
「カリウムの王様」と呼ばれるほどです。

カリウムの代表的な働きは、体内の塩分
に対する作用です。

特に、日本人は、塩分の摂取量が比較的
多い傾向にあります。

積極的に摂取したいカリウム、具体的にどんな
働きがあるのでしょうか?

◆体内の塩分バランスを保つ

カリウムは、血液中の塩分を体外に排出する作用が
ある、と言われています。

この作用で、血圧を安定させ、動脈硬化
の改善にも、期待できると言われていますよ。

また、塩分の過剰摂取や、水分代謝の低下による
むくみ解消にも効果がある、と言われています。

◆カリウムが不足すると・・・

カリウムが不足すると、糖尿病心臓の働き
の低下・不整脈などが起こりやすくなります。

夏バテも、カリウム不足が原因で引き起こされる
場合もある、と言われています。

筋肉の収縮を円滑にする働きもあると言われ、
カリウム不足になると、体の様々な場所で筋肉の作用に
支障が出てくるようです。

特に心臓の筋肉の動作の低下により、最悪の場合、突然死
に至る事もある、と言われています。

恐ろしいですね。

カリウムは、どんな調理法でも失われることもないので、
様々なじゃがいも料理でも、気軽に摂取できますね。

ビタミンB群


じゃがいもには、ビタミンB1・B2・B6が含まれています。

ビタミンB群には、代謝に関わる作用、
主に以下のような、効果を期待できると言われていますよ!

  • 糖質を体内で分解する酵素を高め、エネルギーに変える。
  • 炭水化物脂質アミノ酸の代謝を高める。
  • たんぱく質の分解を速やかにさせる酵素を高める。
ビタミンB群は、体の中の栄養分を効率よく使うための
手助けをしてくれるものなのですね。

ダイエットにも、一役かってくれそうですね♪

omatsuri_jagabata-283x300

腹持ちのよさ


ダイエットといえば、空腹との戦いですね!

じゃがいもには、満腹感が得られる効果も
あると言われています。

じゃがいもに含まれる、あるたんぱく質が消化される
過程でできる断片(ぺプチド)が効果を
発揮すると言われており、

このペプチドが小腸の細胞に働きかけ、満腹ホルモン
(コレシストキニン)を分泌し、満腹感を感じると言われています。

私も、じゃがいもを食べた時に、何となく腹持ちのよさを
感じたことが度々ありました。

じゃがいもの腹持ちのよさで、食べすぎを防ぐので、
ダイエットにも最適ですね。



こんなにもマルチなじゃがいもの能力!
美味しくて、使い勝手が良くて、栄養たっぷり!

もっともっと、お料理に活用してみませんか?


スポンサードリンク


あわせて読みたい

RETURN TOP