おいしいおはなし

2014年青森ねぶた祭りを楽しむ!見どころはここ!

スポンサードリンク


0996370ceff01068b976626bc52807b1_s-300x225 青森ねぶた祭りは今年も8月2日~7日まで開催されます。

昭和55年『重要無形民俗文化財』にも指定され全国的にも有名なお祭りです。

毎年、TVで中継されているのを見ますがねぶたの大きさと迫力に圧倒されますね。

それもそのはず、ねぶたひとつの大きさは、横幅9m、奥行き7m、そして、なんと5mもの高さがあるんです!

一台のねぶたに使用している電球は800~1,000個だそうです。

製作期間は約3カ月、かかる費用は1台2千万円とか。


スポンサードリンク







最大の見どころ!



見どころはなんといっても、ねぶたの運行です。

20数台のねぶたが、約3.1キロの道のりを運行します。
  • 2~3日…子供ねぶた・大型ねぶたの合同運行(19:10~21:00)
  • 4~6日…大型ねぶた合同運行(19:10~21:00)
  • 7日…大型ねぶた合同運行(13:00~15:00)
勇ましい武者の人型をかたどった
鮮やかな色彩の巨大な山車燈籠

そのねぶたの周りで跳ねて踊る
『ハネト』(跳人)は一台に500人~1,000人、
時には2,000人以上になることもあります。

「ラッセラー♪ラッセラー♪ラッセラッセラッセラー♪」
と、威勢のいい掛け声やお囃子が
お祭り気分を盛り上げます。

こんな、勇壮なお祭りは絶対、生で見たいですね。

参加して楽しむ!


見るだけじゃないんですよ。
参加できるのも青森ねぶた祭りの楽しいところ。


実は、誰でもハネトになれるんです。
あ…でも、そのままじゃなれません。

ちゃんとした正装衣装があるんです。



近くのお店ではハネトの衣装セットやグッズが
リーズナブルな価格で販売されていますし、
衣装レンタルや着付けサービスをしてくれるお店もあります。

5日、6日が一番盛り上がります。

なので、5日にねぶた運行をじっくり見物し
最高に盛り上がる夜運行最終日の6日に
ハネトになって参加するのがおすすめです。

知らない人同士でも一緒に跳ねれば一体感が生まれて
すごく興奮して、2時間があっという間に感じると
参加者が言うほど、楽しいようです。

「ゆっくり見たい」という方に、
有料観覧席もあります。

団体(10名以上)は4月から受付開始
個人は6月から受付開始

ともに料金2,500円です。
(消費税増税により変更有)

宿泊のご予約も早めがおすすめ。
近いところは例年6月で満室になるお宿もあります。

1日には前夜祭が
最終日7日には青森ねぶた海上運航と
青森花火大会
も開催されます。

8月1日から7日までの1週間
今年はどんな熱いドラマが繰り広げられるのでしょう。

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
LINEで送る

スポンサードリンク


あわせて読みたい

RETURN TOP