おいしいおはなし

東京ディズニーランドでベビーカーをレンタル!雨に降られたら?

スポンサードリンク


子連れで、東京ディズニーランド!
きっと、ワクワクしていることでしょう。

いろいろな事情で、自前のベビーカーを
持参するのは、あきらめて
ディズニーランドの、ベビーカーをレンタル。

子どもも、3歳になって
1回の昼寝で、すむようになったし。

a0006_001817

参考までに

  • レンタル料金700円
  • フード付、B型タイプのベビーカー
  • サイズ:椅子の部分の幅28cm×奥行21cm(小さなカゴ付)
  • 対象:身長100cm、体重15kgぐらいまで。
  • 1人座りできること。
と、なっています。

これで考えると、2~4歳ぐらいを、対象としていますね。
リクライニングできるとはいえ、少しですし
乳児は、使用に向かないと思います。


スポンサードリンク





雨の日のベビーカーは…

こんな時は、レインカバー。
なんと、ディズニーランド内で売っているのです。
レインカバーのレンタルは、残念ながらありません。

ミッキー柄が2500円、無地が2100円とのこと。
レンタルの、ベビーカーに合わせて
作られているサイズで、ちょうどいいそう。

ただし、手持ちのベビーカーのサイズに合うかは、
微妙です…。

購入前にチェックが必要という声も。
ですが、雨の中、レインカバーなしは大変なので
買うしかないですよね…。

ミッキー柄なら、写真に撮って
後で見たときに、ディズニーランドに行った! という
感慨は、あるかもしれないです。

また、レンタルのベビーカーを、利用する人は多いので
指定のベビーカー置き場に、ベビーカーを置くと…。

アトラクションから出たときに、
自分のベビーカーを、見つけるのが大変です。

常に、キャストが整理しているので、
止めた場所に置いてあることは、まずありません。
自前のベビーカーでも、探すのに冷や汗かきました…。

ですので、目立つものを、ベビーカーに
つけておく必要があります。

雨の日は、ミッキー柄のレインカバーと
目立つ色のバンダナなど、ひと工夫するといいです。

また、手もちのレインカバーを
あらかじめ、持っていくという手もあります。

サイズが微妙に合わなくても、
使えれば余計な出費を、しなくても済むでしょう。

その分を、レインコートやポンチョの購入に
まわしていいと思います。


ポンチョはおすすめ!

3歳ともなれば、結構歩けるし、
ずっとベビーカーというのも、退屈でしょう。

子どもも、大人も、キャラクター物
ポンチョを着て、楽しんでみては?
ポンチョなら、90cmからあります。

サイズによって、値段が変わりますが
2000円~3000円が、目安になります。
しっかりした素材で、防水もバッチリです。

レインコートは、コンビニに売っているような
半透明のタイプで、500円。
サイズは110cmから。

この場合は、場外で買っておいた方がお得です。

ポンチョ、レインコートは
ショーやパレード、室外のアトラクションに便利です。

雨の日にしか、販売されていない物なので
お得感もあるかも。
人数分購入となると、結構な出費になってしまいますが(^^;

室内アトラクションは、
レインコートを脱がなければなりません。

それをしまうための、人数分が入る
大きめのビニール袋の持参が、おすすめです。

折り畳みの傘も、室内アトラクションを連続して入るときは、
あった方が便利です。
(もちろん、しまうためのビニール袋は、必要です)

レインコートだと、いちいち脱ぎ着しなければ
ならないので。

雨の日でも、混雑している東京ディズニーランド。
前もって、レインコートや、レインカバーを用意しておく。

143457-350x263


または、ディズニーランドで、
キャラクター物の雨具を、購入して楽しむのも素敵。

いずれにしても、対策はしっかりしておいた方が
いいかもしれませんね。

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
LINEで送る

スポンサードリンク


あわせて読みたい

RETURN TOP