おいしいおはなし

敬老の日!子供からの手紙はどんなのがいい?

スポンサードリンク


014578
敬老の日と言えば、
9月にある、休日の内の1つでしょ?

間違いではありませんが、
「なんで休みなのか?」を調べてみました。

敬老の日とは、
「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し
 長寿を祝う」日です。
(国民の祝日に関する法律)

「老人」と言い切ってしまうと、角が立つので、
ここでは、「お年寄り」としておきましょう。


スポンサードリンク






敬老の日の敬い方とは?


さて、それを踏まえまして。

恐らく、ほとんどのお年寄りの方は、
敬い方を間違えてしまうと、
「年寄り扱いするな!」
ご気分を害される場合が、
多いのではないかと思われます。

男女問わずに、センシティブな問題です。

しかしながら、
何故かみなさん、お孫さんが産まれると、
意外と簡単に

「じぃじだよ」とか
「ばばちゃんですよ」と

実にあっさりと、
現実を受け入れることが多いです。

ここはひとつ、
「敬老の日」の、趣旨に沿った
敬い方を、するのであれば、

是非とも、お孫さんに
お手紙なんぞを、書いてもらうのが、
お互いのために
よろしいのでは、ないでしょうか。


心のこもったお手紙なんて、理想ですね。

どんな手紙がいいの?

040096 ポイントとしては
  • 長すぎない
    手紙は、書くのも大変ですが、
    読む方も、結構大変です。
  • 文字は大きく書く
    細かい字は読みにくいので。
  • 簡単な言葉で、感謝を伝える
    想いは直球で!
  • 絵などが添えてあると
    効果絶大(写真でもいい)
     視覚効果抜群!
以上の4つが挙げられます。

文例:
「いつも ありがとう」

「からだに きを つけてね」
「ながいき してね」
「いつまでも げんきでね」

「これからも あいに いくね」
「また おばあちゃんの おやつが たべたいな」
「おじいちゃんと あそびたい」

このあたりを組み合わせて、
更に、自分の言葉を加えれば、ばっちりでしょう。

他に考慮する点としては
  • 日頃から往来があるか、ないか
往来がある場合は、
直近の出来事に、触れても良いでしょう。
「見てもらった宿題が、ほめられた」など。

往来がない場合は、
「いつも あまり 会えないけど、
 会えると うれしい」
などを付け加えると、
よろしいのではないでしょうか。

間違っても
「いつも おこづかい ありがとう」
なんて、催促めいたことは書かないように。

そのためには、お祖父さん、お祖母さんが、
「この子に、お小遣いを上げたいね」と、
思えるような、内容にする必要がありますが、

今回は、「敬老の日」の趣旨に反するので、
触れないでおきます。

お祖父さんと、お祖母さんは、
定例文言集から抜き取った、
美辞麗句を読みたいわけではなく、

家族からの、気持ちが見える言葉を、
受け取りたいと
思っているのでは、ないでしょうか。

また、
小さいお子さん限定かもしれませんが、

「書いている内容」よりも
「書こうとした行為」自体が、
評価されることもありますので、

気負わず、トライしてみる!

と言うことから
始めてみるのも、よろしいかと。


メール全盛の時代ですが、
郵便の到着は、いくつになってもわくわくします。

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
LINEで送る

スポンサードリンク


あわせて読みたい

RETURN TOP