おいしいおはなし

折り紙!七夕飾りの作り方!

スポンサードリンク


私は子ども達に折り紙をぜひ、
お勧めしたいと思っています。

折り紙を作ることにより、
色や形に対する感受性や表現力の育成

指先を使うことで頭脳の開発
が成されるからです。

私が子供達に最初に折り紙を作ってあげたのは、
幼稚園の頃です。

人気だったのは、
風船やきつね、手裏剣や飛行機でした。

折り紙のもつ、美しい色や和紙
海外に行って作ってあげると想像以上に喜ばれます。


スポンサードリンク




私自身の経験からも、
外国の方とのコミュニケーションツール
としても役立ちます。

これから紹介するのは、
日本の昔話から「織姫と彦星」
七夕飾りの作り方をご紹介いたします。

親子でゆったりとした気持ちで
自由に楽しんで作ってくださいね。


七夕飾りの作り方(織姫と彦星 編)

七夕といえばやはり、
主役のおり姫とひこ星です。

和紙などのきれいな紙で作るといいですよ。

「ひこぼし」
① 正方形の紙を真ん中から、三角に折ります。
② 先程折ったものを開いて向きを替え
  四隅の1か所を小さく三角に折ります。
③ 小さい三角のまま①に戻り三角に折ります。
④ ひっくり返して中心線に合わせながら
  左右を下三角に折り曲げます。
⑤ マジックなどで髪の毛や
  目・鼻・口(顏)を書きます。


「おりひめ」
① 正方形の紙を真ん中から、三角に折ります。
② 先程折ったものを開いて向きを替え
  四隅の1か所を小さく三角に折ります。
③ 小さい三角のまま①に戻り三角に折ります。
④ ひっくり返して中心線よりも少し内側に向かって
  左右下三角に折り曲げます。 
  (左右の三角が重なる感じです。)
⑤ 左側の三角部分をさらに、三角に折ります。
  (着物のすそ部分にあたります。)(ここがポイント!)
⑥ マジックなどで髪の毛や
  目・鼻・口(顏)を書きます。






七夕飾りの作り方(つづり星 編)

七夕といえばやはり、☆★星ですよね。
よく見かける普通の星ではなく、

つづり星に挑戦してみてください。

以外と簡単に出来ちゃいますので、
びっくりすると思いますよ。
※ここでは針と糸を使います。

材料:折り紙・針と糸・はさみ

「つづり星」
① 正方形の紙を幅3cmずつで切っておきます。
② 切った長方形を1cmずつの幅で
  2回折っていきます。
③ その長方形を二つに折り曲げます。
④ 折ったものを一旦開いて、
  中心線に向かって左右折り曲げます。
⑤ さらに、左右をくっつけるように折り曲げます。
⑥ 次に、左右重なるように反対方向に折り曲げます。
⑦ ここで、折り線を付けるイメージ
  ギュッ!っと押します。(ここがポイント!)
⑧ 折り線を付けたものを開いて、
  ②の正方形の状態に戻します。
⑨ 端と端が折り目2個分上から重なるように
  差し込みます。
⑩ 星の形になるように整えていきます。(ここがポイント!)
  (この星をたくさん作っておきます。)
⑪ たくさんの星をつなげるため、
  針と糸でつないでいきます。





どうでしたか…
一風変わったお星さまのできあがりですね!

折り紙は折るだけではなく、
切ったり・貼ったり・繋げたり・重ねたり…

と色々応用ができますので
工夫次第で思わぬ物ができちゃったりするのが

楽しいですね。

今年の七夕の日には、
家族で楽しく折り紙作りはいかがですか。

[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`yahoo_users` not found]
LINEで送る

スポンサードリンク


あわせて読みたい

RETURN TOP