おいしいおはなし

京都の十三参りってどんな行事?お参りの服装は?

スポンサードリンク


子供の成長を祝う行事では七五三が一般的です。

十三参りは古くから
数えで13歳になる子供の多幸を祝う行事
として行われてきました。

特に京都嵐山の
法輪寺(ほうりんじ)、虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)
へのお参りを中心に、
関西地方では十三歳のお参りを大切にしています。

古くは13歳と言えば、
初めて大人の寸法の着物を着る歳でした。

ただ全国的には七五三ほど浸透していません
参詣の仕方や衣服のたしなみに戸惑う方も
いるかもしれません。

十三参りとはどんな行事か、
そして参詣時の服装についてご案内します。


スポンサードリンク




十三参りってどんな行事?

十三参りと言えば京都嵐山の法輪寺が有名です。
法輪寺に祭られる虚空蔵菩薩は
無限の知恵と慈悲を持つ菩薩様

かつて空海が虚空蔵求聞持法(こくうぞうぐもんじほう)
を修め、飛躍的に記憶力を伸ばしたといわれています。

そこで空海の縁日、旧暦の3月13日に、
子供に知恵と福徳を授かるためお参りする風習
ができたといわれています。

旧暦3月13日は新暦では4月13日にあたりますが、
法輪寺では4月13日を中日にした、
3月13日から5月13日、そして秋の10~11月
に、参詣の行事日を設けています。

数えの13歳は男の子なら元服、女の子なら最初の厄年
であり、本裁ち、つまり
大人用の仕立ての着物を初めて着る歳でした。

その倣いで、十三参りでは今でも
女の子は肩上げした本裁ちの着物を着ます。

しかし現代では、着物をしつらえる習慣が無い方も多く、
ワンピースやスーツといった正装
もしくは制服や平服での参詣も多いようです。

平服と言っても流石にジーンズなどは避けたほうが
よさそうですが、かなり自由になっていることは確かです。

十三参りでは独特のお参りの仕方があります。

13歳まで無事に育った事を感謝するとともに、
自分の授かりたいものを漢字一字に書き記した紙
をもって参詣するというものです。

祈祷を受けた後は
本殿からの帰路で後ろを振り返ってはいけません
本輪寺では渡月橋(とげつきょう)を渡るまで
と言われています。

法輪寺での参詣の様子が動画で紹介されています。

桜の季節の参詣も素敵ですよね。

13歳という節目の年に、大人への1歩を踏み出す
通過儀礼的な伝統ある行事

せっかくの機会に晴着を着せたい場合は、
どうすればよいでしょうか。



十三参りの晴着はどんなもの?

現在では男の子で袴を着る姿は少なくなりましたが、
女の子には着物を着せてあげたいという方も。

関西では七五三より重きを置くこともあるので、
平服も有りとはいえ、それなりに着飾ることで、
きちんとした節目
とするのもいいですよね。

年頃に合った柄の着物をしつらえられたら
一番いいのですが、晴着の着物となると
なかなか気軽には手が出ないもの。

一つの手としてはやはりレンタルです。
舞妓さんの衣装をレンタルして京都観光
兼ねて楽しむ人もいるようです。

もう一つの手として、十三参り”限り”ではない着物
を用意するという方もいらっしゃいます。

例えば、親御さんの振袖を着せたり、
小紋、付け下げ、訪問着でも構いません。
本来フォーマルで参るものですから、
着物もフォーマルにあたる格であればいいようです。

サイズは大丈夫?と思われるかもしれませんが、
元来女の子がはじめて大人サイズの着物に袖を通す行事
です。

着物の素晴らしいところで
肩上げをして、着付けで調整してもらえば
お子さんでも大人用を着れてしまうのです。

ご家族の中で着られていない着物があれば、
せっかくですからこの機会に箪笥から出してみるのも
良いかもしれません。

逆の発想で、今後もお子さんが
成人式や結婚式等でも着られる着物を、
この機会にしつらえる方もいらっしゃいます。

せっかくの機会ですから、呉服屋さんと
長く着られる着物を仕立てるというのも
楽しい特別な行事になるのではないでしょうか。

因みに、着物の着回し力は前述のようですが、
もっといえばお母様がお子さんの着物を着る
ということも可能です。

本裁ちの着物であれば、袖の長さを変えたり、
肩上げ等でいかようにも長く着られます


年齢に合った柄などはありますが、染め直し
できるので、洋服とは比べ物にならないのが
日本の正装、着物の着回し力ですね。

古来の風習に倣って、大人への第一歩を踏み出す
素敵な一日になるといいですね。

法輪寺
住所:京都府西京区嵐山虚空蔵山町
電話:075-862-0013
休日:無休
拝観時間:9:00~17:00
最寄駅:嵐山


スポンサードリンク


あわせて読みたい

RETURN TOP